TBSドラマ「ナポレオンの村」で脇を固める名優ムロツヨシの実力と魅力


柴川淳一[郷土史家]

***

TBS系東芝日曜劇場「ナポレオンの村」を毎週見ているが、キャストが凄い。

唐沢寿明、麻生久美子、山本耕史、ムロツヨシ、イッセー尾形、沢村一樹。なかでも特にムロツヨシに注目している。こういう演技の出来る人は珍しい。

初めてムロツヨシを見たのは、テレビ東京系で放送された「勇者ヨシヒコと魔王の城」である。この番組は、2011年7月8日から2011年9月23日まで毎週金曜日深夜に放送された低予算ドラマである。この時の主演は山田孝之、脇を固めたのが木南晴夏、佐藤二朗、宅麻伸、岡本あずさ、そして ムロツヨシだ。

このメンバーの中にあってもムロツヨシの演技は異彩を放っていた。上手な役者の演技は演技と感じさせない。悪役を演じてうまいと言われる役者は本当の悪人に見える。

先代・林家三平がプライベートでは全く無口でギャグを飛ばさなかったこと。渥美清は寅さんとは似ても似つかぬ陰気な性格だったこと。ヒールプロレスラー上田馬之介は大変なジェントルマンであったことなどは実人生と役柄の人生を完璧に使い分けた名人役者と言っていいだろう。

だから「勇者ヨシヒコと魔王の城」のメレブ役のムロツヨシは実生活でもあのままなのだろうと錯覚するがそうではない。そうではないと想像する。筆者はムロツヨシの実生活は知らない。

だが、「ナポレオンの村」で星河市役所農林商工課長・山田大地を演じるムロツヨシを見ると、こちらの方が彼の本来の性格に近いのではないかと想像する。ご本人が聞いたら「余計なお世話」と言うに違いない。しかし、勿論、「ナポレオンの村」の山田大地もムロツヨシの素ではない。

余談ながら、西野七瀬とムロツヨシが演じるわずか七秒の「ピザハット」のCM「39」編。何度見ても笑ってしまう。脚本家もうまいがわずか七秒の演技の中にムロツヨシという役者の実力がはっきり出ていると思う。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

柴川淳一

柴川淳一。郷土史家。1954年香川県生まれ。明治大学卒業後、地方銀行に37年間奉職。