良い質問をしなければ、良い答えは出ない。そのためにはよく考えて準備することだ。


水留木[エッセイスト]

なんだかそう思った。あまり解釈してもしょうがないかもしれないが、きっと

「しっかりと努力したり勉強しないと、うまく喋ったり動くこともできないし、周りの人からも何かサムシングが得られない。」

そんな意味で思いついたのかもしれない。

人によって受け取り方はさまざまでいいと思う。 25歳女性スタッフにこれを言ったら、

「ちゃんとスタンバイをしなくてはと思いました。そうしないとスタジオやロケに行った時、 突発のことが起きたら、対応できないし、役者さんに説明できないかも!、、、」「ってことですか?いいですね!」

と言われた。成る程と思った。

思いついた文章が成長して拡散していく感じで、嬉しい。子供はどんどん旅に出て、鍛えられて、別に戻ってこなくても良い。 似た話は、イチローが「僕は人一倍努力しているから、人よりそこそこ良い成績が残せる「という表現で言っている。 長らく努力を続けられること、あきらめないこと、それが天才の 要件だ。

「秀才は努力して結果を残し、天才は何もしないでできる」

そんなの真っ赤っ赤の嘘だと思う。

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

水留章

水留章(みずとめ・あきら)1954年神奈川県出身。大学時代に野沢協氏の薫陶を受け、偉大な知性の存在に圧倒される。TBS入社後、制作で居作昌果氏に指導受け、仕事の肝要を教わる。その後編成、営業、人事、スポーツを経験、現在 (株)ドリマックス・テレビジョン代表。趣味…クロール、宝物…Gibson J45