路上ライブをやったらパトカー3台に制服6、7人に私服警官3人で「御用」。さらに罰金3万円のゴマアブラ


柴川淳一[郷土史家]

***

筆者は2014年6月3日に、ニュースメディア「メディアゴン(http://mediagong.jp/)」に「彼ら」の事を書いた。

彼らの名を『ゴマアブラ』と言う。野球に例えるなら、「ドラフト外」、「投手」、「剛球一直線」。強烈な実力者ながら未だメジャーリーグへの切符を手にしていないプレイヤーだ。先日、彼らに起きた事件について、『ゴマアブラ』のリーダー、ダディー直樹氏のブログを見た。

(以下、ブログ引用)

1ステージで15分、薄手の衣装でも十分に汗ばむ3月も半ばの日曜日。

新宿駅西口で演奏を終え、一段落していたら汗も引かないうちに制服警官を6、7人引き連れた私服の兄さんが金のバッジを見せ「ちょっと一緒に来てくれる?」と。

ついにきたか・・・。と、観念したのが正直なところだけど、PC(パトカー)3台に制服6、7人、私服警官3人なんて仰々しさに「こんな派手にすることもないだろ。」と悪態をつき、喫煙所にて、Twitterで路上ライブ中止の旨を待ってくれている方々に報告した。

この日は鍵盤のNulupong(福岡県出身キーボード担当)はいなかったので、3人で新宿署に行き話をし、後日調書を取った。反省も、した。

正直なところ路上ライブをやったのはこの日だけではない。俺たちゴマアブラは今まで路上ライブでチャンスを掴もうと思ってきたし、掴んでもきたと思う。素敵な出会いもたくさんあった。

路上で人を少し集める術も覚えた。が、故に広い場所を選び、1ステージは15分で終え、常に人垣の最後尾を見て往来の邪魔になっているなら前に詰めてもらうように促してきた。

何故なら、通行人の方になるべく「邪魔だ」と思われたくないからだ。

公道を許可なく使用してはならない、という道路交通法があるからだ。

いくら手短に終わらせようが、人垣を意識していようが、法律的に駄目な物は駄目なんだけど。。どうしても俺のおめでたい頭じゃあ道徳的に駄目な事とは思えない。街中に音楽が、ダンスが、パフォーマーがいてもいいと思ってしまう。

だけど、恥ずかしながら反体制を掲げるロック精神を持ち合わせているわけでもないし、警察の方に敵意があるわけでもない。音量に気も使うし、苦情が入ったとお巡りさんがくればその場で片付けて速やかに撤収してた。準備と片付けの早さは、そんじょそこらのバンドには負けない自信がある。

ここだけの話、見て見ぬふりをして放っておいてくれるお巡りさんだとか、「俺はやってもいいと思うんだけどね」と取り締まりながら小声で言うお巡りさんがいるのも事実。苦情が入るのも事実だけど誰一人立ち止まらないのに、拡声器でまくしたてる宗教家、政治家などが道路使用許可を取れるのも事実。

自治体によっては路上ライブを容認している地区だってあるらしい。実際のところ、色々悩みながら路上ライブをやってきた。

法律は今のところしょうがない、それを取り締まる警察の方だってしょうがない。詰まる所、街の雰囲気、路上の音楽等を「文化」だとする感性に人が変わればいいと思う。そこから条例等ができていけばいい。なんて、自分本位な絵空事を思ったりもする。

勿論、無法地帯になっていいわけもなく、路上ライブをやる場所はある程度広いほうがいいし、人が集まるなら整理もしないといけない。同じ場所で延々やり続けるのもどうかと思うし、苦情があればやめるべきだ。

更に言うなら、募金活動をしてる人が目の前にいて共感できたのなら、彼の声を音楽でかき消さずに路上ライブで人を集め、一緒に募金を呼びかけることもできる。音楽にはその力がある。

余談だけど、何も考えずに音量を上げ、集まった人を整理もできず、警察に噛み付くごく一部の無軌道な路上ミュージシャンには、自分で自分の首を絞めている事に気づいてほしい。そんなの全然かっこわりいし、全然ロックでもないと俺は思う。自由と無軌道は違う。

これからも路上ライブはなくなってほしくない。そのためには俺とゴマアブラの発言に影響力を持たせないといけない。そうじゃないと変わらないし、不満をぶちまけてるだけだ。もっと頑張らないといけない!!

そんな中、刑事さんまで出張っての白昼の大捕り物騒ぎについ悪態をついてしまった。すいません。既に書いた通り警察に敵意はないもののあまりのお祭りっぷりだったので。

署に着いてからの取り調べでは勿論協力的にしたし、刑事さんとも色んな話をした。歳も近くて何回も「休憩する?」って、喫煙所であーだこーだ話したなあ。正式な処分がでるのが2ヶ月後くらいなので、それまで路上ライブをやるわけにいかないし、その先も何か考えないといけない。心配かけてしまった皆さん、申し訳ない。

とりあえず5/24の渋谷wwwでのワンマンライブでその辺の鬱憤をグルーヴに変えて大放出してやる!!!!

みんな、踊れ~~~~!!!!

長文失礼、読んでくれてありがとう!賛否は承知の上です。

ゴマアブラ ダディー直樹

(以上、ブログ引用)

あれから、二ヶ月経過した五月二十九日、新宿署にて、一人当たり三万円の罰金を納めるべしと言う処分がでた。路上で生まれ、路上で鍛えた『ゴマアブラ』。罰金三万円取られ、路上ライブも行えない。さぞや、落ち込んでいると思いきや、昨晩、都内某所の音楽バーで「皆さん!夏好きですか?新曲できました!」と聞かされた。

その曲名は『サマー・イェイ』=『三万円』。

まじめで、真剣で、優しくて、反省するけれど落ち込まずに嫌なことは笑いに変えてしまう『ゴマアブラ』であった。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

柴川淳一

柴川淳一。郷土史家。1954年香川県生まれ。明治大学卒業後、地方銀行に37年間奉職。