<江川達也現代語訳で読む「あの放送」>70年前の「玉音放送」は日本メディア史上、最高の放送だ


江川達也[漫画家]

***

テレビやラジオの放送で魂が震えるものはどんどん少なくなっていると思う。

何十年経っても「この放送」以上の言葉が日本に流れたことはない。今の人は、その当時の言葉がピンと来ないと思うので、筆者が意訳した。

これ以上の放送はなかったし、これからもないだろう。むしろないことを祈る。

最高の放送はラジオで行われた。生放送ではなく、収録したレコードを再生した放送だった。しかもそのレコード盤を巡って、奪い合いの戦いもあった。さあ、最高の放送をノーカットで、当時の言葉と今の人に伝わる筆者の意訳もつけて、以下に紹介する。

その言葉を語ったのは昭和天皇。放送日は1945年8月15日。昼。媒体はラジオ。聞いて涙した国民は数多。

この詔勅は江川達也の現代語訳である。

<原文(1)>

朕深ク

世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ

非常ノ措置ヲ以テ

時局ヲ收拾セムト欲シ

茲ニ忠良ナル爾(なんじ)臣民ニ告ク

<江川達也現代語訳(1)>

私は深く

世界の大きな流れと大日本帝国が今おかれている状態を考え

普通ではありえない方法で

このありさまを収めようと思い立って

こうして忠義の心を持った良民であるみなさんにお話しします

<原文(2)>

朕ハ帝國政府ヲシテ

米英支蘇四國ニ對シ

其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

<江川達也現代語訳(2)>

私は大日本帝国の政府に

「アメリカ、イギリス、チャイナ、ソ連の4国に対して

4国が共同して要求してきた条件を受けるように」と言いました

<原文(3)>

抑ゝ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ

萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ

皇祖皇宗ノ遺範ニシテ

朕ノ拳々措カサル所曩ニ

<江川達也現代語訳(3)>

そもそも大日本帝国の臣民のみなさんの健康と安心を守り

世界中の人たちと共に栄え喜びをわかちあうという願いは

天皇家の先祖たちが、昔からのこして来た生き方のおてほんなので

わたしもおろそかにせずいつも心がけてることなんですから

<原文(4)>

米英二國ニ宣戰セル所以モ

亦實ニ帝國ノ自存ト

東亞ノ安定トヲ

庶幾スルニ出テ

<江川達也現代語訳(4)>

アメリカやイギリスに戦争をいたしますと言って始めました理由も

また実に大日本帝国が自分の力でなんとか生きて行くことと

東アジア地域の平和とを

いろいろと考え工夫してやって行こうとしたところから始まった事で

<原文(5)>

他國ノ主權ヲ排シ

領土ヲ侵スカ如キハ

固ヨリ朕カ志ニアラス

<江川達也現代語訳(5)>

他の国の持っている権利をないものにしたり

その国の土地を奪うなどということは

もともと私の心にはありません

<原文(6)>

然ルニ交戰已ニ四歳ヲ閲シ

朕カ陸海將兵ノ勇戰

朕カ百僚有司ノ勵精

朕カ一億衆庶ノ奉公

各ゝ最善ヲ盡セルニ拘ラス

戰局必スシモ好轉セス

世界ノ大勢亦我ニ利アラス

<江川達也現代語訳(6)>

ということで戦ってもう4年見て来まして

私の陸軍、海軍の将官、兵隊が勇気をふるって戦い

私のたくさんの役人や大事な仕事についてる人々が一生懸命働き

私の一億人の国民のみなさんが頑張り

みんなみんな最もいい働きをして尽してきたのに

戦争の状態は努力に応じて良くはなりません

世界の大きな流れもまた私たちに有利にはなってません

(和平交渉の仲介を頼んでいたソ連が条約を破って数日前に敵の仲間になって突然攻撃すると言って攻めて来た)

<原文(7)>

加之

敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ

頻ニ無辜ヲ殺傷シ

慘害ノ及フ所

眞ニ測ルヘカラサルニ

至ル而モ

尚交戰ヲ繼續セムカ

終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス

延テ人類ノ文明ヲモ

破却スヘシ斯ノ如クムハ

<江川達也現代語訳(7)>

それに加えて

敵は新しく作った残虐な爆弾を使って(原子爆弾:広島・長崎に落とされた)

しきりに何の罪もないものを傷つけ殺し(赤ん坊から年寄りどころか木や草や鳥や森や豚や牛までも殺戮)

惨憺たる被害が及んでいて、こんな事は

ほんとうに思ってもみないことで

こうなってしまった今

変わらず戦いを続けるか

最終的には我々が地球上から消されてなくなるだけでなく

そこから人類の文明さえも破壊し焼き付くし捨て去ってしまう

このような状況になっていくであろうことは….

<原文(8)>

朕何ヲ以テカ

億兆ノ赤子ヲ保シ

皇祖皇宗ノ神靈ニ謝セムヤ

是レ朕カ帝國政府ヲシテ

共同宣言ニ應セシムルニ至レル所以ナリ

<江川達也現代語訳(8)>

私はどの選択をして

一億一兆の赤ちゃんのようにかわいい子供たちを抱えて

天皇家の祖先の神さまの霊魂に謝ればいいんでしょう

と考えて私は大日本帝国政府に

敵の要求をのむように言ったのです。

<原文(9)>

朕ハ帝國ト共ニ終始

東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ

遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス

<江川達也現代語訳(9)>

私は大日本帝国と一緒にはじめからおわりまで

東アジアの解放に協力してくれたアジアの国々に対して

申し訳ない気持ちを表さないではいられません

<原文(10)>

帝國臣民ニシテ

戰陣ニ死シ

職域ニ殉シ

非命ニ斃レタル者

及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ

五内爲ニ裂ク

且戰傷ヲ負ヒ

災禍ヲ蒙リ

家業ヲ失ヒタル者ノ

厚生ニ至リテハ

朕ノ深ク軫念スル所ナリ

<江川達也現代語訳(10)>

大日本帝国の臣民の中で

戦争に参加して死んだり

職業に殉じて命を失くしたり

天命をまっとうできず倒れ亡くなった人

そしてその遺族に思いをはせると

内蔵が裂けるような苦しみです

しかも戦争で怪我をし

戦争のわざわいをこうむり

仕事を失くした人の

生活を豊かにすることに関しては

私が天皇として深く心を痛める所です

<原文(11)>

惟フニ

今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ

固ヨリ尋常ニアラス

爾臣民ノ衷情モ

朕善ク之ヲ知ル

<江川達也現代語訳(11)>

考えてみると

これから大日本帝国の受けるであろう苦しみや災難は

いうまでもなく常識をはるかにこえ

みなさんのウソいつわりのない気持ちも

私はよく知ってます

<原文(12)>

然レトモ

朕ハ時運ノ趨ク所

堪ヘ難キヲ堪ヘ

忍ヒ難キヲ忍ヒ

以テ

萬世ノ爲ニ

太平ヲ開カムト欲ス

<江川達也現代語訳(12)>

そんな状況でも

私は時や運の流れに身をまかせ

「こらえること」が困難なことを「こらえ」

「やりすごすこと」が困難なことを「やりすごし」

そうすることで

これから続くこの国のいく万の子孫のために

戦争を終わらせ平和な世界を開きたいのです

<原文(13)>

朕ハ茲ニ

國體ヲ護持シ得テ

忠良ナル

爾臣民ノ

赤誠ニ

信倚シ

常ニ爾臣民ト共ニ在リ

<江川達也現代語訳(13)>

私はこうして

わが国のすがたを守りたもっていられますし

忠義と素晴らしい能力に溢れた

みなさんの

赤ん坊のような誠の心を

信じてそれを助けにして

いつもいつもみなさんのそばにいます

<原文(14)>

若シ夫レ

情ノ激スル所

濫ニ事端ヲ

滋クシ

或ハ同胞排擠

互ニ時局ヲ亂リ

爲ニ

大道ヲ誤リ

信義ヲ世界ニ失フカ如キハ

朕最モ之ヲ戒ム

<江川達也現代語訳(14)>

もしかして

激情にかられ

みだりに何か事件の発端を

開こうとしきりに動いたり

あるいは

仲間をおしのけたりおとしいれたり

たがいにこの苦しい時を混乱へと導き

それによって

人としての大きな道をそれて

世界からの信用をうしなうようなことになることを

私はいちばんいましめます

<原文(15)>

宜シク

擧國一家子孫相傳ヘ

確ク神州ノ不滅ヲ信シ

任重クシテ

道遠キヲ念ヒ

總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ

道義ヲ篤クシ

志操ヲ鞏クシ

誓テ

國體ノ

精華ヲ發揚シ

世界ノ進運ニ

後レサラムコトヲ

期スヘシ

<江川達也現代語訳(15)>

ちょうどいいころあいで

国のすみずみまで一家子孫お互い伝え

しっかりと

神のくにの不滅を信じて

まかされたことは重く

道は遠いと心に念じ

すべての力を将来の建設に傾け

人の道や義の心をあつく育て

変わらないこころざしをかためて

かならず

わが国とは何か?

ほんとうの 本質の

国の華(はな)

精神の神髄をふるい立たせ

世界の進歩や運のいい国に

おくれをとらないと

心に刻むしかないのです

<原文(16)>

爾臣民

其レ

克ク

朕カ意ヲ

體セヨ

<江川達也現代語訳(16)>

みなさん

これを

よく

私のおもいを

体現するのです

(終戦の詔勅-玉音放送-江川達也訳)※読みやすさを考慮して編集部にて改行の調整をいたしました。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

江川達也

江川達也(えがわ・たつや)漫画家。1961年、愛知県生まれ。愛知教育大学教育学部卒業。 アシスタントの傍ら描いた習作『Don't Give Up』が『コミックモーニング』編集部の目に止まり、1984年、「BE FREE!」(『モーニング』)でデビュー。その後『まじかる☆タルるートくん』を始めとする少年誌向けのギャグ漫画や、『東京大学物語』『GOLDEN BOY』などの青年誌向けのストーリー漫画まで幅広い分野で執筆し、作品がアニメ化されるなど、立て続けにヒット作を生み出す。