Recent Posts

  • NHK「コントの日」いい点、ダメな点、不思議な点

    近頃、コントを中心とするエンターテインメント番組が増えている。コント好きにとっては嬉しい限りだ。11月23日(勤労感謝の日)夜9時からのNHK「…

  • ウィルスより有害ダメな政府と太鼓持ち -植草一秀

    大相撲11月場所は大関の高景勝が優勝決定戦で小結の照ノ富士を押し出しで破り、2度目の優勝を果たした。2横綱2大関が休場する異常事態の下、高景勝が…

  • テレビ東京「ジャルジャルンルン気分」意欲的な企画に残る課題

    11月23日祝日の昼0時からテレビ東京で放送されたテレビ愛知・吉本興業製作著作の特別番組「ジャルジャルンルン気分」。55分間、全部コントで、しか…

  • 矛盾だらけ菅義偉内閣の終焉は近い -植草一秀

    菅内閣は新型コロナ感染症の感染拡大を推進している。最大の要因はGoToトラブルキャンペーン。人の移動と感染拡大は明瞭にリンクする。人の移動指数推…

  • 2021年の五輪通常開催は不可能な情勢 -植草一秀

    IOCのバッハ会長が来日して菅義偉首相や東京都の小池百合子知事と会談するという。11月15日に来日し、18日まで滞在すると報じられている。菅内閣…

  • <特高警察復活?>日本学術会議・新たな任命拒否理由が怖い

    11月8日(月)共同通信などが4つ目となる新たな任命拒否理由を報じました。「学術会議会員候補6人が安全保障政策などを巡る政府方針への反対運動を先…

  • 「やらせ」と「演出」の区別は簡単だ

    したり顔をした人(テレビ関係者など)が「やらせ」と「演出」は、区別が難しいと言う。果たしてそうだろうか。「やらせ」と「演出」の線引きをすればよい…

  • <ブラタモリ>網走編のできが非常に良かった理由

    10月31日放送の『ブラタモリ』「網走〜『最果ての地』網走は『理想の地』!?〜」は、前回の「伊豆大島編」に比べて、非常にできが良かった。その理由…

  • NHK『ブラタモリ』は最初の志を忘れたのか?

    週に一度のお楽しみは、と言えば土曜日放送のNHK『ブラタモリ』である。「たけしのその時カメラは回っていた」に、差し替えになったときは、見る番組が…

  • <公開処刑された学者6名は生け贄か>中曽根元総理にも無礼!6学者に即刻謝罪を

    日本学術会議(以下「日学」)が105名の新規会員推薦について、 “所轄”の菅首相はうち6名の任命を拒否しました。菅首相自身が述べたその判断理由は…

  • GoTo事業の何がどうダメなのか -植草一秀

    財政活動は政治の中核。私たちは選挙で議員を選ぶ。国会の議席配分によって内閣が作られる。内閣が行政を担うのだが、重要事項を決定するのは国会だ。国会…

  • 可能性のあるコントに期待『東京BABYBOYS9』

    まだ、小さく燃え始めたに過ぎない映像メディアにおけるコントの火を、巨大なキャップファイアくらいにして欲しい。その可能性を感じるのがテレビ朝日『東…

  • ハエを引き寄せたペンス氏「匂いの正体」

    副大統領候補のテレビ討論の時間にペンス副大統領の頭髪に1匹のハエが止まり、離れようとしなかった。2016年の大統領選ではテレビ討論の最中にクリン…

  • <上から目線の辛口批評>テレビ朝日の『お助け!コントット』

    ダウンタウンの呪縛から逃れ、明石家さんまの文法の外に飛び出す漫才師が増えてきた。大阪マンザイに限っての話である。ただし関西勢は東京の芸能も席巻し…

  • <大学生協が倒産危機に>「コロナ」でなくなるキャンパスライフ

    「えーッ! それだけ?」と、誰もが疑問に思って不思議はない。厚労省によれば「コロナ」の影響で「解雇」「雇止め」は6万439人という(2020.9…

  • 2020年『キングオブコント』の演者はよくしゃべる。

    コント作家・放送作家として長く活動してきた筆者は、コント界の隆盛を願っている。もちろん、マンザイも落語も好きだし、笑いは何でも好きだ。マンザイも…