<続・生きてやろうじゃないの!>東日本大震災と被災者家族の記録(2)未曾有の大災害「東日本大震災」の幕開け


武澤忠[日本テレビ・チーフディレクター]

***

(第一回目の記事はこちら

2011年3月11日2時46分。

当時担当していたお昼の生放送番組「DON!」の一週間の生放送を終え、ほっと一息つき、翌週分の打ち合わせがてら弁当をかきこんでいるときだった。

東京・汐留にある日本テレビのオフィスビルが突然大きく揺れる。その時僕がいたのは29階の会議スペース。ただならぬ揺れに思わず箸をおき、咄嗟にテーブルを握った。

「やばい・・・これはでかいぞ」

瞬間、背筋が凍りつくのを感じた。揺れは徐々に激しくなり、周囲からは女性スタッフの悲鳴が聞こえた。移動式ロッカーが右に左に激しくぶつかり、凄まじい音をたてていた。

打ち合わせをしていた普段クールなディレクターは、机の下にもぐりこんだ。涙がでそうなほどの恐怖を感じながら、僕はひたすら「早くおさまってくれ!」と神頼みするしかなかった。

ようやく揺れがおさまり、思わずテレビの画面を見る。

「東北震度6強」

瞬間、福島県相馬市でひとり暮らす母・順子の顔が浮かぶ。すぐに携帯から電話をするがまったくつながらない。卓上電話を使ってもダメだった。

「お台場が燃えているぞ!」

誰かの声に窓際に面した喫煙所へ駆けつける。見れば、お台場のフジテレビの裏手から、黒い煙が立ち上っていた。正直、「この世の終わり」かと思った。

20151231

母は相変わらず連絡が取れない。そのとき耳に飛び込んできたアナウンサーの音声に、僕は思わず目の前が真っ暗になった。

「福島県相馬市岩の子には7.3メートルの津波が押し寄せ、壊滅状態です!」

そこはまさに実家だった。78歳の母が、ひとり暮らしていた。

「なに!? 壊滅って、なんだよ・・・」

言葉を失っている僕の目に、各地の凄まじい津波の映像が飛び込んできた。
これが未曾有の大災害「東日本大震災」の幕開けだった。

(※本記事は全10回の連続掲載です。第1回目「東日本大震災と被災者家族の記録(1)遺体は撮るのか、撮らないのか?」は http://mediagong.jp/?p=14158

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

武澤忠

武澤忠(たけざわ・ただし)日本テレビ放送網株式会社 チーフディレクター2011年より東日本大震災で被災した福島の実家をカメラで記録し続ける。2012年3月、それを一時間のドキュメンタリー番組として放送。(「リアル×ワールド ディレクター被災地へ帰る 母と僕の震災365日」平成24年度文化庁芸術祭参加、番組審議委員会推薦作品。以降シリーズとして放送)。その後「生きてやろうじゃないの!79歳 母と息子の震災日記」(武澤順子・忠 著 青志社)を上梓。現在「ザ!世界仰天ニュース」などを担当する傍ら、復興支援講演などを各地で行っている。