キンコン西野が今度は「ビジネス書」を出版

西野亮廣[芸人(キングコング)]
***
コンビを解散し、辞めていく芸人を見ると、「仕方がない」と思う気持ち半分、「なんとかならなかったなぁ」と思う気持ち半分。
もしかしたら、既存の競技(大喜利だとか、ひな壇だとか)に向いていなかっただけで、その才能は別の場所で開花していたかもしれない。そんなことを考えると、「芸人のクセに」や「皆やってるんだから、お前もやれ」という言葉は、残酷で無責任だと僕は思う。
他人の生き方に制限をかけて、他人の人生の責任を最後までとれるなら話は別だけれど。
大喜利をやる芸人がいていいし、
やらない芸人がいていいし、
ひな壇に出る芸人がいていいし、
出ない芸人がいていいと思う。
自分が生きている時代や、自分に合ったヤリ方を、模索し、挑戦できる空気を作っていきたい。これは何も芸人に限った話ではなく、全てにおいて。
【参考】キンコン西野「『売れるから値段を上げる』という発想は危険」
時代は猛スピードで変化し、3年前の正義が通用しなくなってきている。こうなってくると、アメーバのように自在に変化する身体が必要で、変化する環境が必要。変化する環境というのは、つまり、選択肢のある未来だよね。
ヒョンなキッカケでクラウドワークスの顧問になっちゃって、たまたまクラウドファンディングが身近にあった。
「利用する・利用しない」は、その人が決めたらいいけども、選択肢の一つとして持っておいた方がいいし、こういった選択肢を作ろうとする人の背中は応援したい。そして、新しい選択肢を皆で応援する空気を作りたい。
ここまで丁寧に書いても、ネットでは切り取られて、どうせまた「キンコン西野が噛みついた!」みたいな記事を書かれちゃうんだけれど、何度も言うけど、批判ではなく、提案ね。
ビジネス書の話をいただいた時に、「もうツッコミは終わりにして、ボケにいこうよ」ということを伝えようと決めた。「それもいいけど、こういう選択肢も良くね?」という提案をドンドンしていこうと。
夏に発売するビジネス書『魔法のコンパス ~道なき道の歩き方~』は、実体験をもとに、次から次へと提案しています。何かのヒントになれば嬉しいです。予約販売は早くもスタートしてるそうで、予約購入者にはクリアファイルが付くみたい。
『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』は、8月12日に「主婦と生活社」より発売。1389円+税(http://books.rakuten.co.jp/rb/14298115/
 
【あわせて読みたい】