<伝説の番組「ミエと良子のおしゃべり泥棒」が一夜限りの復活>マツコ・デラックス推定159キロVS森山良子、中尾ミエ併せて134歳


瀬崎一世[(株)イーストエンタテインメント・プロデューサー]

 

「ミエと良子のおしゃべり泥棒」という番組を覚えていらっしゃるだろうか?

1980年から1987年までテレビ東京で放送されていた大人のトーク番組だ。中尾ミエと森山良子がお酒を飲みながらキワキワの鋭い突っ込みをいれ、艶っぽい話題もどんどん入っていて当時としては画期的な企画だった。

その「ミエと良子のおしゃべり泥棒」が27年ぶりに帰ってきた。8月9日(土)の21時~BSジャパン、一夜限りの復活だ。

ミエさん68歳、良子さん66歳。立派な熟女二人が意外と言っては失礼だが、老けていない。綺麗なのだ。ビックリ! 途中女優ライト(シミやしわを強い光をあてて飛ばす女優専用の照明)の正体をばらしたりするのだが、その効果もあるのだろうか。

そう言えば昔の映画女優の皆様は超巨大なライトを一人3灯くらいガツンとあてていたそうな。そして顔には汗もかかずに芝居を続けていたというから大したもの。むしろそれくらいあたっていないと安心しない、とのたまっていらっしゃった。

ゲストの1人がマツコ・デラックス。

「女装、超巨漢、辛口なのに女子に嫌われない」というテレビ界では奇跡の存在らしい。彼女が昔テレビで見ていたという番組に出演し、しかもお姉さまからいたぶられる。逆につっこまれる様は貴重。初体験について聞くは、㊙私生活やらトイレの中の話まで聞き出すは、のてんこ盛り。

良子さまがマツコの大ファンなのにも驚いたが、初対面でキスを迫り、まさかの「マツコが唇を奪われる!!」事態が発生。

ミエさんは「口げんかなら和田アキ子にも勝つ」と言われた御仁。シニアの水泳世界大会などにも出場しているらしい。良子さんは美しい歌声のイメージとは想像がつかぬほど大酒飲み。「人生我慢するのはいや」が口癖だ。何より二人ともずっと笑い続けて実に楽しげだし、下ネタ満載なのに下品ではない。

高齢化社会で暗くなりがちな風潮があるが、こんな自由でのびのびした大人になれるなら年をとるのも悪くないかも。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

瀬崎一世

瀬崎一世(せざき・かずよ) 株式会社イーストエンターテインメント プロデューサー 元日本女性放送者懇談会会長。同会では、毎年目覚ましい活躍のあった女性に「放送ウーマン賞」を贈呈している。 2児の母でもある。