Author : 植草一秀

  • 熟読に値するトランプ新大統領就任演説 – 植草一秀

    ドナルド・トランプ氏が第45代米国大統領に就任し、1月20日、就任演説を行った。トランプ氏は演説で、「この日から『米国第一』だけになる」と宣言し…

  • <米国が支配する日本>鳩山政権叩きに似ているトランプ政権叩き

    米国では1月20日に第45代米国大統領にドナルド・トランプ氏が就任する。メディアは相変わらずトランプ叩きを続けているが、米国の主権者が選挙でトラ…

  • <問題根源は日韓玉虫合意>新たに釜山の総領事館前に慰安婦少女像が設置 – 植草一秀

    韓国・釜山の日本総領事館前に昨年末、慰安婦を象徴する少女像が新たに設置されたことを受けて、安倍政権は長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を日本に…

  • <高まる「日本を取り戻す」確率>「政策選択」が次期衆院総選挙の本質だ – 植草一秀

    2017年の通常国会が1月20日に召集される。* 天皇譲位問題* 共謀罪創設案* 家庭教育支援法などが審議される。安倍政権は「数の力」で不当な主…

  • 家庭教育に介入する「家庭教育支援法案」は思想及び良心の自由の侵害 – 植草一秀

    少数の支配者にとって民主主義は敵である。「1%対99%の社会構造」が指摘されているが、民主主義の下では、1%は99%に立ち行かない。99%が実権…

  • 天皇陛下「退位」を「政争の具」にする安倍首相 – 植草一秀

    安倍首相が年頭会見で、天皇譲位をめぐる国会での議論について、「決して政争の具にしてはならない。政治家はその良識を発揮しなければならない。」と述べ…

  • 安倍外交の完全破綻と漂流するTPPのゆくえ

    安倍政権が成長戦略の柱と位置付けたTPPは完全に漂流している。冷静に観察すると、安倍政権の外交戦略はほぼ全面的に破綻していることが分かる。対米関…

  • <オスプレイ墜落>米軍に服従するだけの安倍晋三政権[植草一秀]

    海岸で「墜落」したオスプレイに搭乗していた米軍兵士の状況が伝えられていない。米軍施設で半旗の掲揚が確認されたから、乗員死亡の可能性もある。NHK…

  • オスプレイ墜落を「不時着」と伝える大本営NHK – 植草一秀

    オスプレイが墜落した。オスプレイは海上に墜落。機体は大破した。乗員5名のうち、2名が負傷した。やはり懸念は現実のものになった。このオスプレイが高…

  • 暴政を排除するために最も有効な手法は「民主主義の活用」だ- 植草一秀

    暴政を排除するために最も有効な手法は「民主主義の活用」である。具体的には、「選挙で議会の議席構成を変えること」が何よりも有効だ。安倍政権は暴政を…

  • 国民を騙し負担増と受益減のみ推進する安倍暴政 – 植草一秀

    安倍政権ならびに財務省は財政再建を唱えるが、財政再建を進める手法に重大な問題がある。財政再建とは、財政収支を改善させることである。収支を改善する…

  • <川内原発再稼働>鹿児島県・三反園知事の主権者裏切り – 植草一秀

    「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動する」日本国憲法は、この書き出しで始まる。主権者は国民である。しかし、国民が直接、政…

  • 国会の会期延長はTPP批准強行・年金カット法制定のための「数の横暴」-植草一秀

    安倍政権は臨時国会会期を延長し、TPP批准案および関連法案、「年金カット法案」の強行可決、成立を目論んでいる。さらに、「カジノ法案」の審議に入る…

  • <転げ落ち始めた安倍政権>安倍首相の行動は「私的事情」が100%[植草一秀]

    安倍首相の解散戦略が狂い始めている。衆議院の任期は2018年12月まで。あと2年ある。前回の選挙は2014年12月に実施された。任期を2年も残し…

  • <いじめ問題対処に「学校に行かない権利」を>「いじめ」を認識しながら対処しない学校と行政

    東日本大震災で発生した東京電力福島第1原子力発電所の放射能事故の被害を免れるために自主避難した子供が避難先の学校で陰湿ないじめに遭っていたことが…

  • 反グローバリズムがトランプ新大統領を誕生させた[植草一秀]

    米国大統領選でトランプ候補が勝利した。筆者のブログ、メルマガでは、9月28日付記事、「ヒラリーが大統領に就任できない可能性」「日本に良いのはトラ…