<学校が死ぬほどつらい子は図書館へ>個性なんて要らないよ。君のそのままが個性だから


高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

朝日新聞デジタルが次のようなニュースを伝えている。以下引用する。

「学校が死ぬほどつらい子は図書館へいらっしゃい」。夏休みが明けるころに子どもの自殺が増える傾向があることから、神奈川県鎌倉市立の図書館の公式ツイッターが26日、こうつぶやいた。共感を呼び、13時間で4万回以上もリツイートされている。

つぶやいたのは、市中央図書館司書の河合真帆さん(44)。9月1日に子どもの自殺が突出して多いとの報道を読み、図書館学を学ぶ中で知ったことを思い出した。

「自殺したくなったら図書館へ」。米国の図書館に貼られていたというポスターの文言だ。図書館には問題解決のヒントや人生を支える何かがある。そんなメッセージだった。

利用者の秘密を守るのも、図書館の大事な原則だ。子どもは学校に通報されると心配しているかもしれない。だから、「一日いても誰も何も言わないよ」と書き添えた。「一日だらだらしていても、誰も何も言わないから気軽においで。ただぼーっとするだけでもいいと伝えたい」

ツイッターは職員が誰でも書き込むことができ、河合さんは郷土史や観光の話題をこまめにつぶやくようにしているという。今回のつぶやきには、「あの頃の私に聞かせてあげたい」「感動した」などと、多くのコメントが寄せられている。(ここまで引用)

読んでいるだけで涙が出る。筆者も考えを記す。

  • 「キャラなんて要らないよ。君のあるがままがキャラだから」
  • 「個性なんて要らないよ。君のそのままが個性だから」
  • 「空気なんて読まなくていいよ」
  • 「友達なんていなくていいよ。今いないだけだから」
  • 「ひとりが好きなのはいいことだよ」
  • 「君は必要とされてるよ」
  • 「君のいないところで、君のことは決めないよ」

 

【あわせて読みたい】