<「ナオミとカナコ」の魅力>佐藤隆太の一人二役の演技力が惹きつける秀作ドラマ


河内まりえ[ライター]

***

「いっそ二人で殺そうか、あんたのだんな」

このナオミ(広末涼子)の衝撃的なセリフから始まるドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ)。筆者が今期で一番、注目して見たドラマだ。何ともハラハラさせる展開に目が離せなかった人は多いはずだ。

ナオミとその親友カナコ(内田有紀)は、暴力を振るうカナコの夫、服部達郎(佐藤隆太)を殺し、殺人を隠ぺいしようとしているストーリー。

だが、回を重ねるごとに、緊迫感がずっと続く展開に白けてしまったのを感じてしまったのも事実。

内容からいって、緊張感のある展開にする必要があるのはわかる。しかし、何か失敗しそうになって追い詰められても、途中で何らかの助けが入ってしまう。毎回、各話の最後で追い詰められる二人だが、次の話の冒頭ではそれが回収される。これが繰り返されるとワンパターンに思えてしまい、「またか」と思わされる。

ようは、ナオミとカナコにとって都合の良い展開になりすぎているように感じる箇所が散見されたのだ。そのパターンを知ってしまうと、「どうせこのまま上手くいってしまうんだろう」と思いながらドラマを観るようになってしまう。結果、緊張感で押すドラマにもかかわらず、緊張感がなくなってしまうのだ。

また、不自然な点が多すぎることにも違和感を覚えた。ドラマの展開上仕方ないのかもしれないが、人通りの多い路上や、流行りの店でパンケーキを食べながら殺害計画について話をしたり、殺害後にすぐに旅行に出かけるなど、やはり不自然だ。殺人計画を相談するとしたら、もうちょっと人の目を気にするものではないのかと心配になってしまう。殺害計画そのものにも、「本当に上手く行くのか?」と突っ込みを入れたくなるような「穴」も多かったように思う。

しかしながら、そういった疑問に思ってしまうストーリー展開でも、最後まで観てしまった人が多いのがこのドラマだろう。その要因は、俳優たちの魅力によるものが大きい。

なかでも筆者が注目したのは、佐藤隆太が演じる中国人労働者の林竜輝とカナコの夫・服部達郎の一人二役だ。同じスーツ姿でも、どちらの役を演じているのかが明確にわかる。目つきや表情や立ち方の細かな違いで、全くの別人になれる。台詞もなく、ただ立っているだけのシーンでも一目瞭然。

殺人計画にも利用されたよく似た容姿をしている設定の二人だが、役者の演技が伴わなければこの設定は生かされない。ストーリーにはいささか疑問が残ったとは言ったものの、結果的に、俳優たちの演技によってグイグイを引き込まれてしまった。

今期、目が離せなかった秀作ドラマといえよう。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

河内まりえ

河内まりえ(かわうち・まりえ)1987年東京下町生まれ。明治学院大学社会学部社会学科卒業。もんじゃと熱いお風呂と神輿好き。会社員をしながら文筆修行中。「メディアゴン」にてライターデビュー。