<NHKのひとり勝ち>「視聴率三冠王」は日テレではなかった!


高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

以下は産経ニュースより引用した2016年11月21日から27日までの週間視聴率トップ30(関東地区)である。(※ビデオリサーチによる関東地区日報データをもとに作成。15分以上の番組)

(1)木曜ドラマ・ドクターX外科医・大門未知子[テレビ朝日]22.2%

(2)ニュース(22日)[NHK]21.8%

(同)連続テレビ小説・べっぴんさん(24日)[NHK]21.8%

(4)世界の果てまでイッテQ![日本テレビ]20.8%

(5)ニュース(22日)[NHK]20.4%

(6)笑点[日本テレビ]19.8%

(同)ザ!鉄腕!DASH!![日本テレビ]19.8%

(8)大相撲九州場所・14日目[NHK]19.7%

(9)行列のできる法律相談所[日本テレビ]18.9%

(10)首都圏ニュース・気象情報(23日)[NHK]18.8%

(11)大相撲・9日目[NHK]17.8%

(同)NHKニュース7(22日)[NHK]17.8%

(同)大相撲・11日目[NHK]17.8%

(14)大相撲・13日目[NHK]17.2%

(15)大相撲・12日目[NHK]17.1%

(16)大相撲・10日目[NHK]16.9%

(17)NHKニュースおはよう日本・首都圏(24日)[NHK]16.7%

(18)2016NHK杯フィギュア(26日)[NHK]16.0%

(19)首都圏ネットワーク(21日)[NHK]15.8%

(20)サンデーモーニング[TBS]15.7%

(21)ニュース(22日)[NHK]15.4%

(22)真田丸[NHK]15.3%

(同)真相報道バンキシャ![日本テレビ]15.3%

(24)大相撲・千秋楽[NHK]15.0%

(25)首都圏ニュース845(25日)[NHK]14.9%

(26)NHK杯フィギュア(26日)[NHK]14.5%

(同)ニュース・気象情報(27日)[NHK]14.5%

(28)相棒[テレビ朝日]14.4%

(29)サザエさん[フジテレビ]14.2%

(30)報道ステーション(24日)[テレビ朝日]13.8%

日本テレビは『視聴率3冠王』(午前6時から午前0時までの「全日」、午後7〜10時の「ゴールデン」、午後7〜11時の「プライム」のすべてで、平均視聴率1位を獲得すること)を謳っているが、このトップ30では、NHKが3分の2の20番組。実に66%以上を占めている。

【参考】テレビは何を失った?「テレビ衰退」6つの理由

対する日本テレビは6分の1の5番組。16%である。つまり、地上波テレビでは日本テレビではなく、NHKのひとり勝ちだと言えるのではないか。

しかも、番組の傾向を見るとシルバー層に支持されている番組が多いことが分かる。テレビの視聴率はシルバー層に席巻されているのである。ニュース番組が多いことも目につく。

地上波テレビはスマホやネットに離れていった若い層(テレビ局の判断ではスポンサーが訴求したい購買力があり未来に生きる人々という位置づけである)を取り戻す方向に進むのか、シルバー層に焦点を当てる方向に進むのか。判断はどうなるのだろう。

いずれは若い人もシルバー層になると筆者は判断するのだが。

 

【あわせて読みたい】