<マスコミは「マスゴミ」ではない>安倍批判をしつつも安倍首相主催の「桜を見る会」に出席してコメントをしない爆笑問題


高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

4月17日(金)・18日(土)・19日(日)は、テレビ、自民党、安倍政権にとって注目すべき出来事があった。

まず、17日は自民党(政府ではありません)が、テレビ朝日と、NHKの経営幹部を呼んで異例の事情聴取。テレビ朝日の「報道ステーション」で、古賀茂明氏が菅義偉官房長官にバッシングを受けたと名指しで批判した件である。

聴取したのは自民党・情報通信戦略調査会。会長は川崎二郎元厚生労働大臣である。NHKも「クローズアップ現代」のやらせ問題で呼ばれたが、これは煙幕だろう。

同17日3時3分、首相動静によれば、安倍首相の元(こちらは政権の方です)に、TBSの会長と社長が訪れる。訪問の目的はわからないが新任の挨拶であろう。

TBSの番組では、「NEWS23」出演時に安倍首相が街頭インタビューの映像に対し「選んでおられる。おかしいじゃないですか」などと述べている。

翌18日、新宿御苑で安倍首相主催の「桜を見る会」が開催。ももいろクローバーZや、爆笑問題が招待された。爆笑問題の太田光は去る3月29日、TBSラジオの「爆笑問題の日曜サンデー」で、「これ(沖縄基地問題)は完全に、沖縄の言っていることが正しいと僕は思う」とコメント。

「まずは、安倍というバカ野郎は」

「総理大臣でも、バカはバカでしょ」

「安倍っていう男のやっていることは幼稚過ぎると思う」

「『国を守りたい、日本を取り戻したい』と思うんだったら、沖縄を取り戻せって俺は思うし、何でアメリカ、日本を守らないの、沖縄は日本ですよ。何で日本を守らないのあのバカは」

と発言している。相方の田中に「バカを言い過ぎましたけれども」とフォローされたが、太田は「言いすぎてねーよ」と言っている。

19日、TBSの「サンデージャポン」に爆笑問題が出演。冒頭で安倍首相主催の「桜を見る会」に爆笑問題が招ばれたと言うVTRが出る。VTRの落ちは「ディーブ・スペクターも出ていた」と言う逃げ。期待して観ていたが、案の定コメントはなかった。これはさびしい。

ところで、筆者は星槎大学共生科学部の講義で防衛大学校出身の教授が「マスゴミ」「マスゴミ」と連発していた場面に出くわしたことがある。そこで、筆者は、

「多様な人々が共生することを理想とする星槎大学の講義でマスゴミと発言するのは職業差別である」

と指摘して、謝ってもらったことがある。

マスコミは、マスゴミでは決してないと言う気骨を見せて、放送界の任意団体であるBPO放送倫理・番組向上機構を機能させねばならないし、民間放送連盟も、NHKも態度を鮮明にすることが必要である。

 

【あわせて読みたい】