<アナウンサー採用のプロが語るコツ>夏の今が現役アナウンサー/アナウンサーを目指す人にとっては重要


吉田映一郎[株式会社キャスト・プラス]

***

ランナーにとって厳しい季節がやって来た。身体のことをまじめに考えたら外を走るなんてもっての外である。それでも走るのは、その先のランニング・シーズンで好い成績を挙げるためだ。

夏にどれだけのトレーニングができたか、どれだけの距離を踏めたか、がものを言う。努力は嘘をつかないのだ。

現役のアナウンサー、アナウンサーを目指す者たちにとっても「この夏」をどう過ごすかが重要だ。テレビ、ラジオなど放送業界は秋と春、10月と4月に番組の改編が行われる。

新しい仕事をつかむチャンスが夏の向こうにある。そこで結果を出すために何が必要か? 今担当している仕事に全力を傾けることも大事、自分が描く将来像を実現するための研鑽も欠かせない。

今は先が見えず、苦しいかもしれない。まさに雌伏の時期だろう。しかし、この夏を有意義に過ごした先に新しいステージ、至福の時があるはずだ。努力無しには、その時は迎えられない。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

吉田映一郎

吉田映一郎(よしだ・えいいちろう) 東京放送にて、報道記者、ディレクター、情報番組やバラエティ番組のプロデューサーを経験。 現在、株式会社「キャスト・プラス」でアナウンサー、キャスターの発掘、育成を担当。