TBS60周年特別企画「TBSもさんまも60歳」は近年稀にみる素晴らしいバラエティ


高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

実に久しぶりに、すばらしいバラエティ番組を見た。あらゆる点で志(こころざし)が伝わってくる番組だった。

2015年10月12日放送のTBSテレビ60周年特別企画「TBSもさんまも60歳 伝説のドラマ&バラエティー全部見せます!夢共演も大連発SP」のことである。4時間の放送の間、飽きることがなかった。

バラエティはキャスティング、内容、構成、この3つに志がなければならないと筆者は考えている。

まず、この番組のキャスティング。キャスティングはただ、出せばいいものではないのは誰もが分かっているだろう。確固たる志のもとにキャスティングはなされなければならない。こうなるとキャスティングというより座組と呼んだ方がふさわしい。出演者の組み合わせで面白くすることである。

TBSの大番組には必ず出る進行の安住紳一郎アナと、司会の明石家さんまの元、ひな壇にTBSに貢献の大きい大物芸能人が並ぶ。後列下手(向かって左)から、武田鉄矢、山下真司、草野仁。前列下手から、堺正章、泉ピン子、和田アキ子、郷ひろみ。

さんまに、最も近い位置に陣取るのは堺正章である。つまり、ここでのキーマンは堺正章である。さんまは、デビュー当時、堺のモノマネで、人気を得た。堺は当然ながら芸能界では格上である。ここに、ある関係性が生じる。

さんまが、天燃ジミー大西を扱うとき、誰にもできない高レベルのおかしさを生む。実は、笑いの腕はものすごくある村上ショージをいじり倒すときも、おもしろさは保証される。だが、それはさんざん見ているさんまである。逆にさんまが突っ込みきれず、困ってしまう珍しい図も見てみたい。

それが格上、堺正章との間でなら生まれる、さんまが、他のゲストと話そうと堺正章の前をシャットしたとき、堺はすかさず言う。

「(俺が)映らないんだよ」

大げさに言うとこの台詞を聞いたとき、筆者は番組全体の成功を確信した。さんまより格上の芸能人を招き座組として成立させる。その志(意図)は、ずっと維持された。

若きさんまの出世番組となった、毎日放送「ヤングおー!おー!」からは、目の前に出たら凍り付くほど怖い存在の桂三枝(現・文枝)突然現れたさんまに人気をさらわれた月亭八方と桂きん枝、ライバル松竹芸能所属で4歳年上の笑福亭鶴瓶。

「男女七人夏物語」からは、さんまの泣き所、元カミさんの大竹しのぶ。これらの人々とトークがあると思えば、「何かが起こりそうだ」と期待は高まる。

さらに、このひな壇座組にはもうひとつの、制作側の志(意図)が隠されている。TBSに貢献した大物という観点から考えると他にもキャスティングされて当然の人がいる。

  • 「8時だョ!全員集合」の志村けん。
  • 「世界まるごとHOWマッチ」「クイズダービー」の大橋巨泉。
  • 「クイズ100人に聞きました」「東京フレンドパークの」関口宏。
  • 「ぴったしカン☆カン」「ザ・ベストテン」の久米宏、黒柳徹子。
  • 「風雲たけし城」のビートたけし。
  • 「朝ズバッ!」のみのもんた
  • 「はなまるマーケット」の岡江久美子、薬丸裕英。

なぜ、これらの人々はキャスティングされていないのか。ひな壇に集める人をすべて「ドラマ出演者にする」という英断を制作側が行ったからである。

「金八先生の」武田鉄矢、「スクール☆ウォーズ」の山下真司、「時間ですよ」の堺正章、「渡る世間は鬼ばかり」の泉ピン子、「ムー一族」の郷ひろみ。だから和田アキ子も「アッコにおまかせ!」の過去映像は出さずにドラマ出演作を丹念に探し出す。草野仁はどうしたかといえば、まじめな司会者にはあるまじきコスプレ映像を放送した。

このコスプレ映像には三つ目の志(意図)が、込められている。バラエティ番組はもちろんだが、紹介するドラマはすべて「笑い」につながることが予想される作品が選ばれていた。

ドラマのTBSであるのに、山田太一作の「想い出づくり」も「岸辺のアルバム」も、「砂の器」も出てこないのは「笑いで行こう」という志(意図)を完遂したからである。制作プロデューサーも、番組プロデューサーも、総合演出も見事である。この人達は引き算で番組をつくることを知っているプロであると称えたい。

ところで、一つ見たかったのは「東芝日曜劇場」の「うちのホンカン」である。倉本聰作、北海道放送製作のこのドラマ主演の駐在所警官に大滝秀司、その奥さんに八千草薫。その中で、二人がけんかして口をきかないことにした。

ところがどうしても話しておかなければいけない事態が発生してしまったので、口をきかずに駐在所の黒板に言いたいことを書いて会話するシーンがある。これは設定が見事だし、演ずるのが芸達者の二人だから、筆者は見て爆笑した。ドラマで爆笑したのは初めての経験であった。

さて、番組のフィナーレは「さんまのスーパーからくりTV」のコーナー「ご長寿早押しクイズ」であった。このコーナーは筆者と当時の園田プロデューサーとで立ち上げた。ある日、園田プロデューサーが「女子高生でクイズやったらどうでしょう」と相談を持ちかけてきた。

当時はコギャルと呼ばれるバカな女子高生がブームだったのである。「バカな珍回答面白いですよね」と言う。その通りだけれども、珍回答ならばお年寄りのほうがさらに上を行っている。

筆者の頭の中には「天才たけしの元気が出るテレビ」に出ていたあるお年寄りの姿が思い浮かんでいた。インタビューがことごとく面白い。なぜか三回ほど出演して出なくなってしまったが、こういったお年寄りを集めて、単純なクイズをやれば面白くなるのではないか、と筆者は提案した。すぐ乗ってくれた。

想像される懸念は画面が悲惨な感じになるのではないか。お年寄りを結果的にバカにしていると受け取られるのではないか。ということであったが、タイトルを「ご長寿早押しクイズ」にすることで乗り切ろうと話はまとまった。

コーナー司会は歌舞伎顔が人気の鈴木史朗アナウンサーに依頼する。鈴木アナには。「解答者のお年寄りには絶対に突っ込まないで下さい」とその司会の立ち位置を説明する。すぐにクイズの問題を作り始めた。筆者が作った問題。

鈴木「記憶力クイズです。今から文房具の名前を言いますから覚えて下さい。鉛筆、消しゴム、分度器、コンパス。さて3番目に言った文房具は何でしょう」

こう言うクイズで、「定規」って答えたら面白いよね。と筆者は言った。

第1回の撮影が終わってプレビューした。記憶力クイズは見事にはまって、お年寄りは「物差し」と答えている。笑える。

だが、後は笑えるところは2箇所だけ。園田プロデューサーは「(放送するかどうか)どうしましょう?」と言っているが、口ぶりはやりたそうである。こういうときは背中を押すに限る。

「だいじょうぶ、やろう」と答える。スタジオ本番に掛けたがさんまも出演者も、お客さんも、大して反応しない。だが、そこが、園田プロデューサーのしぶといところである。「面白いお年寄りをもっと探せば良いだけだ」と、号令を掛けて、次第に爆笑が取れるようになっていった。

記憶力クイズは「これは認知症を見つける時の正式なテストと同じです」という注意があって、やめた。

スタジオのサブで何度目かのご長寿早押しクイズを見る。鈴木アナが問題を出す。

「アニメ、アルプスの少女と言えば名前は何?」

お年寄りが大きなアクションで早押しボタンを押して自信満々に答える。

「アリラン」

しばらく笑いが止まらなかった。この時、ご長寿クイズはいける、と確信した。

さて、ご長寿早押しクイズが番組エンディング前のレギュラーコーナーになって奇妙な現象が起こった。ご長寿クイズに入ると、視聴率が落ちていくというのである。

明石家さんまや関根勤などの笑いのプロ、それから筆者のような放送作家は珍解答に爆笑である。でも視聴率が落ちるということは万人向けの笑いにはなっていないと言うことだ、笑えない人もいると言うことだ。そういった事情でご長寿早押しクイズは使命を終えた。

この番組「TBSもさんまも60歳」でもエンディング直前に配されていたのはご長寿早押しクイズである。同じ現象が起こっていないことを祈る。

筆者は「TBSもさんまも60歳」でTBSの底ぢからを見た。TBSは他局とは全く違うTBSカラーを打ち立てる力のある局である。当たっているからといって他局のマネをする必要はさらさらない。「がんばれTBS!」と50%はTBSに、残りはフジテレビに育ててもらった恩義のある放送作家の筆者は思うのである。

ちなみに、これは何の役にも立たない情報であるが筆者も昭和30年(1955)1月1日生まれ。TBSやさんまとは並ぶべくもないが、60周年なのである。

 

【あわせて読みたい】