NHK『週刊ニュース深読み』小野文恵アナの降板は間違い


高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

次のように謳うNHKの番組がある。

「この一週間のニュースをまとめて知りたい! みんなが知らない深い情報に接したい! その両方を同時にお伝えする番組が『週刊 ニュース深読み』です」

この『週刊 ニュース深読み』のキャスターが小野文恵アナウンサーから首藤奈知子アナに交代した。最初に結論を言うが小野文恵アナの降板は「間違い」である。

この番組の一番の見所は次のコーナー「じっくり!深読み」。

「いま注目されているニュースの深層に迫ります。NHK解説委員や、外部の専門家たちが毎週登場し、徹底的な取材と豊富な情報をもとに、とことん解説! 『なるほど!』とうなずいてしまうような新しい切り口から、ときには『それって”深読み”しすぎじゃないの?』と思うところまで・・・”目からウロコ”の情報をお届けします!」

小野文恵アナウンサーは、この「じっくり!深読み」で、才能を思う存分発揮していた。議論の拡散を防ぎ、喋りすぎの専門家を制止し、専門用語はきちんと解説をさせ、議論を深めていく能力は日本のアナウンサーの中で一番だと言っても良いと思う。

【参考】<パソコン未所有と貧困は無関係>NHKが描く「貧困女子高生」のリアリティの低さ

というわけだから、小野アナを交代させたことで番組はつまらなくなった。分かりやすく数値化するとおもしろさが50%ダウンした、という感じだ。習慣化していた視聴形態から離れ違和感がでたから、という保守的な理由ではない。

内容を刷新するという目的以外にも、アナウンサーの交代には色々理由があるだろう。後身に道を譲る、荷重勤務是正などである。しかしこれらの理由で小野アナを、交代させるなら『鶴瓶の家族に乾杯』の進行役や『ためしてガッテン』の説明役のほうが先であろう。

こちらは交代させても番組の被害は少なく、視聴者も離れない。一方、存在感が最もあった『週刊 ニュース深読み』の交代はダメである。

『鶴瓶の家族に乾杯』の笑福亭鶴瓶や『ためしてガッテン』の立川志の輔と言った、大物芸能人は小野アナを手放すとなったら、抵抗すること予想される、だが、そこは乗り越えるのが制作者の持っている」キャスティング権というものである。

 

【あわせて読みたい】