<このままでは共倒れ?>「27時間テレビ」タレントの白々しさ


高橋維新[弁護士/コラムニスト]

***

2017年の「フジテレビ27時間テレビ」である。

今年は放送枠を9月に移し、全編収録にするという大変革をやってのけた。そのせいからか、放送前から毀誉褒貶は激しかったが、筆者は生放送をやめたことは素直に評価していた。「27時間テレビ」がおもしろくなかった最大の原因は、生放送だったことにあると考えていたからである。

では、今年はどうだったかといえば、生放送をやめたことの利点が十分に活かされていなかった、というのが素直な感想である。

「ホンマでっか!?TV」と「お笑い向上委員会」の枠は、笑いに特化したコンテンツであり、生でもおもしろい明石家さんまがMCとしてしっかり控えていたため、安心して見ていられた。充分に笑えたので、この2枠に文句はない。欲を言えば、毎年恒例の「さんま・中居の今夜も眠れない」を今年もやって欲しかったとは思う。

特に「向上委員会」は、まだ生放送だった去年と同じく太田とホリケンという関東暴走芸人の飛車角を揃えていたために、収録という利点が存分に生きていた。あの番組は、簡単に言えば芸人のギャグ合戦であるため、玉石混淆が甚だしい。そのため、生放送だと笑いの密度が極限まで下がるのだが、収録だった結果、できる限り「石」(それも、スベリ笑いにもならないようなどうしようもない「石」)が排除できていたように思う。

他の部分は、主にテーマの「にほんのれきし」に合わせて、日本の過去の事物や伝統に焦点を合わせたドキュメンタリー的なコンテンツが主であった。ただ、味付けが民放的なので、非常にうるさかったという印象だ。

番組では、日本や世界の各地に飛んで歴史的な諸々を取材した映像が紹介される。他方でこの取材ロケとは別に、スタジオでそれを見ているタレントがいる。タレントがVTRを見ながらワイプでリアクションをするほか、合間合間にスタジオで感想を言い合う(タレントがロケに同行している場合や、スタジオで歴史的な諸々が紹介される場合もあった)。

そのうえ要所要所で、女性の「えー」とか「おー」とかいう感心するリアクションの声が足される。これらは、視聴者にも感心してもらうための後付けの演出であるが、嘘くさいので見ていて嫌になる。肝心のドキュメンタリーの内容はきちんとそれなりに興味深くておもしろいのだから、もっと静かにしていて欲しい。

【参考】<24時間テレビ>清く正しく美しい障害者を創る「感動ポルノ」という嘘

スタジオで見ているタレントやロケに同行するタレントは要らない。感心するリアクションの声も要らない。こういうのが足されてしまうと、逆に肝心要の内容が大したことがないから自信がないのではないかと勘繰ってしまう。

この手の後付け演出は一切排して、NHKスペシャル的なシンプルな画作りをしてほしいのである。そうすればギャラも浮いて、他のところに金が回せる。事前収録だからというのに後付け演出ばかりに時間や労力をかけていては本末転倒である。

編集も、全体的に粗かったように思う。特に合間合間に挟まるたけしの浅い歴史トリビアは、笑えるわけでもなかったのでもっと切って良いはずだ。たけしの滑舌のせいで聞き取りにくくもあるので、残すならもっとテロップを入れて欲しい。

たけしが話していると周り(特に同じMCの村上)がいちいち嘘くさい感心や笑いのリアクションを入れてしまうので見ていて白けるとうえに、こういうフォローを入れられてまで無理やり成立させられているたけしには痛々しさすら感じる。キャバクラで自慢話をする爺さんとほとんど変わりがない。聞き手が気を遣っていることに気が付いていない裸の王様である。

ビートたけしは、バカをやって冷ややかに扱われてこそおもしろいのだから、文化人的な振る舞いはやめてほしいものである。火薬田ドンだけやって、さんまに冷たくあしらわれていれば良いのだ。あるいは、たけし本人はそういう扱いでもいいような雰囲気がある(TBS「新・情報7daysニュースキャスター)」でも毎回安住アナにスカされている)ので、周り(共演者や、編集者)が気を遣いすぎなのかもしれない。

村上に関して言えば、番組中に色々と出てくる日本史・世界史にまつわるエピソードに対する笑いや感動のリアクションがいちいち嘘くさかったので、もっと自然な振る舞いを身に着けて欲しいとも感じた。

更に言えば、たけしに一々取り巻きの若手芸人みたいな感じでツッコむのが腹立たしかった。大物芸人に気に入られておこぼれにあずかろうとする金魚の糞みたいに見えたのである。あんな幇間みたいな感じはやめて、散々言っているようにもっと強く冷たくいった方がいい。絡むなら、それこそたけしをド突いて良いだろう。

【参考】<幼稚な視聴者と未熟な制作者>牛乳石鹸のPR動画を炎上させるのは誰?

もっと根本的な問題として、前述のようにタレント自体の存在がこういった歴史の色々なエピソードを嘘くさくするだけなので、要らないのである。たけしも村上も、要らない。彼らは番組を盛り上げるために、必要以上に笑い、必要以上に感心して、視聴者にも同じように思ってもらうのが仕事である。それが、「演じる」という仕事である。筆者のようにテレビを見過ぎた身としては、その手のタレントの演技にはもう辟易としてしまう。

もっとシンプルでよい。犬や猫のカワイイ映像も、YouTubeで見ればそういった嘘くさい演出は一切入らない。ところが地上波の動物番組で同じものを見ると、ワイプで見ているタレントのリアクションや後で足された笑い声や感心声、過剰なテロップや動物へのアテレコといった余計な添加物がたくさん入るので、胃もたれを起こしてしまう。

感心や感動はこちらで勝手にするので、あまり押し付けないで欲しい。テレビは、今こそ芸能事務所とのズブズブな関係を洗い直して、不要な番組にまでタレントを乗っけようとする方針を改めていかないといけない。

良いモノ作りは、そういうところから始まる。このままの状態が続けば、テレビは芸能事務所と共倒れである。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.
高橋維新(たかはし・いしん)弁護士、コラム二スト。1987年、東京生まれ。2006年、東京大学法学部入学。2010年より「マヒ郎」のペンネームでファミ通町内会へ「ハガキ職人」として投稿を始める。現役ハガキ職人を続けながら、2012年に司法試験合格。2013年、弁護士登録(函館弁護士会)。ファミ通町内会長(第5代)。