Author : 植草一秀

  • 「ニコ生」出て国会には出ない菅首相 -植草一秀

    菅義偉首相が国会での説明から逃げ回るなら直ちに首相を辞任するべきだ。11月に感染拡大が鮮明になった。11月12日に国内の新規陽性者数が3ヵ月ぶり…

  • 菅・二階利権ファースト内閣への引退勧告 -植草一秀

    菅内閣の能力不足が日本の市民を不幸に陥れている。東アジアのコロナ被害は相対的に軽微だ。中国、台湾、韓国、日本を比較してみる。人口100万人当たり…

  • 安倍氏は国民が見える場で説明せよ -植草一秀

    安倍首相が国会で完全虚偽の答弁を繰り返していた。国会では安倍首相が関与するスキャンダルのオンパレードだった。国会自体が安倍スキャンダルの総合商社…

  • <支持率急落>菅内閣GoTo早期退陣 -植草一秀

    共同通信社が12月5、6日に実施した全国電話世論調査で、菅内閣の支持率が前回11月調査から12.7%ポイント急落の50.3%になった。また、政府…

  • 矛盾だらけ菅義偉内閣の終焉は近い -植草一秀

    菅内閣は新型コロナ感染症の感染拡大を推進している。最大の要因はGoToトラブルキャンペーン。人の移動と感染拡大は明瞭にリンクする。人の移動指数推…

  • 2021年の五輪通常開催は不可能な情勢 -植草一秀

    IOCのバッハ会長が来日して菅義偉首相や東京都の小池百合子知事と会談するという。11月15日に来日し、18日まで滞在すると報じられている。菅内閣…

  • GoTo事業の何がどうダメなのか -植草一秀

    財政活動は政治の中核。私たちは選挙で議員を選ぶ。国会の議席配分によって内閣が作られる。内閣が行政を担うのだが、重要事項を決定するのは国会だ。国会…

  • ハエを引き寄せたペンス氏「匂いの正体」

    副大統領候補のテレビ討論の時間にペンス副大統領の頭髪に1匹のハエが止まり、離れようとしなかった。2016年の大統領選ではテレビ討論の最中にクリン…

  • ヒトラー政権を継承するゲッペルス -植草一秀

    安倍内閣が長期化した三つの理由を挙げてきた。1.刑事司法の不正支配2.マスメディアの不正支配3.国民のゆるさだ。三つ目の「国民のゆるさ」が本質的…

  • 911ボーイングが見つからなかった訳 -植草一秀

    9.11事件から19年の時間が流れた。9.11事件は「同時多発テロ」と表現されるが、事件の犯行グループがウサマ・ビンラディンを首領とするアルカイ…

  • <安倍政権>7年8ヵ月も続く史上最悪の悪夢 -植草一秀

    安倍首相の首相としての連続在任期間が8月24日に歴代最長になる。2012年12月に第2次安倍内閣が発足して、年末で丸8年になる。これまでの連続在…

  • 国会召集要求拒絶を糾弾しない野党 -植草一秀

    コロナは人々を死活問題に追い込んでいる。コロナで命を落とす人も多い。日本では1000人強だが、米国では16万人もの人がコロナで命を失っている。そ…

  • 核兵器のない世界を目指さぬ安倍首相 -植草一秀

    米国による原爆投下から75年の歳月が流れた。75年前の8月6日午前8時15分、米国は広島に原子爆弾リトルボーイを投下した。きのこ雲の下に、抱き合…

  • #臨時国会の即時招集を求めます -植草一秀

    コロナの感染が明らかに再拡大している。7月29日の全国での新規感染者数が1261人になった。1日の感染確認者数が1000人を超えたのは初めてのこ…

  • 10月25日衆院総選挙が根強くささやかれるワケ-植草一秀

    6月19日に安倍、麻生、甘利、菅の3A+Sが虎ノ門のホテルで会食した。安倍自民が夜の会合を解禁した日だ。安倍・菅のすきま風説を否定するためのデモ…

  • 戒厳令と外出促進令の同時発出 -植草一秀

    安倍内閣の迷走が加速している。10万円給付金、検察庁法改悪案、GoToトラブル事業など、文字通り末期的状況だ。7月22日から強行実施するGoTo…