<「1億総活躍社会」は意味不明ではない>「1億総活躍社会」を批判する野党は人気番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」も批判するの?


藤本貴之[東洋大学 准教授・博士(学術)/メディア学者]

***

第3次安倍改造内閣の発足に伴い、安倍晋三首相が掲げた「1億総活躍社会」というフレーズを「意味不明」と野党が批判している。また、社民党・吉田忠智党首は「1億総活躍社会」を「戦前の1億総動員」を想起させるとして批判する。

与野党間の政策論争や思想の違いはあって当然であるし、利用する言葉や概念などを批判したり反駁することも当然だ。しかし、「1億総活躍社会は意味不明」として批判することが政権批判になると感じている野党の知性・感性には、さすがに見ている方が恥ずかしくなる。

「1億総活躍社会」が理解できないという指摘・批判が、単なる「揚げ足取り」ではなく、本心からであるとすれば、むしろを「そう思う人」の知性の方こそ理解できない。

「1億総活躍社会」とは文字どおり、「1億(≒全国民)が・活躍できる・社会」という意味だ。誰だってわかる簡単な表現だろう。もちろん、日本の人口は約1億2500万人であるから、「1億=総人口」という表現はアバウトで正確ではない。しかし、一般的に巨大な数、あるいは日本における「おおよその総人口」として慣例的に利用している表現である。これは常識の範囲ではないか。

事実、「すべての日本人」を表現するために「1億」を使うことは珍しくない。例えば、日本テレビの人気番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などもそうだ。この「1億人」が「全国民」を意味していることは誰にでもわかる。

もし、「1億総活躍社会」を「意味不明・理解できない」と本心から批判しているのであれば、それは、単にその人に常識的な知識がないだけだ。あるいは、キャッチコピーや標語、語呂合わせのような「ノリやリズム」を重視するものであっても、ミリ単位、1ケタ単位まで正確に数値を合わせなければ気が済まない「ちょっとめんどくさい人」「ノリの悪いつまらない人」ということだ。そんな庶民感覚を持っていないような「つまらない人」に政治家になって欲しくない。

「『1億総活躍社会』は『戦前の1億総動員』を想起させる」といった批判に関しては、もはや「因縁をつけている」としかも思えない。すれ違いざまに肩がぶつかったり、視線があっただけで「喧嘩売ってるのか!」と恫喝するのと同じだ。

評論家・大宅壮一の造語「1億総白痴化」(1950年代)や、1970年代を象徴する「1億総中流」など、「1億」を冠した造語・標語は多い。いずれも時代を象徴し、歴史に残る名造語・名フレーズばかりだ。

「1億総活躍社会」が「戦前の1億総動員」を想起させるネガティブな印象のフレーズであるならば、「1億総白痴化」も「1億総中流」もすべてネガティブで戦争的な表現なのか? 社民党・吉田忠智氏は、上記を「戦争を想起させる暴力的な言葉」として、ちゃんと批判しているのか?

社民党や民主党に限らず、野党は自らの役割を自覚し、正々堂々と安倍政権に対して論争を挑んだり、異議申し立てをし、政策を戦わせるべきだ。国民が期待していることは、そういった正常なやりとりだ。政権奪取だけを考えて、瑣末な「揚げ足取り」に邁進することが野党の任務ではあるまい。

安倍政権の是非、野党の是非はさておき、このような「つまらぬ揚げ足取り」などは、ほとんどの国民が望んでいない、ということを「1億総活躍社会」を批判する野党政治家たちは肝に銘じるべきだろう。

このようなことがニュースになること自体、野党が野党としての役割を果たせていない証明なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.
藤本貴之(ふじもと・たかゆき) 東洋大学総合情報学部・教授(情報デザイン論・メディア構造論)/北陸先端科学技術大学院大学・教育連携客員教授/藤本情報デザイン事務所・執行役員/JAGDA正会員/最先端のメディア研究・メディア技術の知見から、アカデミズムの枠を超え、企業や自治体などを対象としたメディア設計や情報発信戦略など、数々の実践的なプロジェクトを手がけている。主な著書に『だからデザイナーは炎上する(中央公論新社)』『情報デザインの想像力』『脳にアイデアを思いつかせる技術(講談社)』『映像メディアのプロになる!(河出書房新社)』など、多数。