翻訳できない世界の言葉に日本語の「ぼけっと(BOKETTO)」


保科省吾[コラムニスト]

***

Amazonばかりで本を買っていると出会いのチャンスを潰してしまうので、筆者はたまには大型書店にいって、上から下まで3時間くらい掛けて書棚を見るようにしている。

先日、エラ・フランシス・サンダース著『翻訳できない世界のことば(Lost in Translation: An Illustrated Compendium of Untranslatable Words)』(創元社)を見つけた。

世界にはその言語特有の単語があり、相互には翻訳しきれない様々な意味を含むことばがある。それを集めた本だ。たとえば「インシャラー」の意味を正確に伝えるのは不可能に近いだろう。

【参考】「ホニャララ」の発明こそ久米宏が天才である証明

筆者の語学は標準語と出身地の方言だけだが、地方の方言にも標準語には変換しづらい言葉はある。例えば、山形弁で「やばつい」という言葉は、おおよそ「水やお湯が顔にかかってうざったい」という意味だ。「しぇわすない」という言葉は「まわりでうろうろするな」ということを意味する。

当然のことながら、同じ日本語ではあるが、これらを一単語で表す標準語はない。

翻訳できない日本の言葉としてあげられているのは「BOKETTO」。語釈は「なにも特別なことを考えず、ぼんやりと遠くを見ているときの気持ち」である。

この本を紹介するには、こうやって言葉を取り上げていくのが一番良いのだが、それでは全部中身をバラしてしまうことになる。そこで、一つだけ紹介する。

ウルドゥー語(URDU)で「NAZ」(ナーズ)とは、

「だれかに無条件に愛されることによって生まれてくる、自信と心の安定」

ウルドゥー語はパキスタンやインドで話されている。現在パキスタンの国語であり、インドの公用語のひとつ。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

メディアゴン 編集部

メディアゴン編集部(めでぃあごんへんしゅうぶ)2014年5月末日、東京生まれ。メディア批評・メディア評論に特化したメディア専門家によるメディアニュースサイト。キー局プロデューサー、ディレクター、イベントプロデューサー、放送作家、大学教授、評論家、ゲーム作家、弁護士・・・などなど、メディアの第一線で活躍する人材が活動中。