<読売の安倍首相動静だけ記載が違う?>時事芸人・プチ鹿島「新聞読み比べ」で指摘

メディアゴン編集部
***
朝日新聞「首相動静」、読売新聞「安倍首相の一日」などの記事は、タイトルは違えど通信社の配信でどの新聞も内容は同じと思っている人は多いだろう。しかし、これに一石を投じたのが8月4日のフジテレビ「ユアタイム」。時事芸人・プチ鹿島さんが新聞の読み比べをする数分のコーナーで、昨年2016年8月10日の紙面に「あれっ?」と思わせるような違いがあることを指摘したのだ。

読売新聞 「6時21分、同県富士河口湖町の居酒屋『漁』で秘書官らと食事。」
他紙 「6時21分、同県富士河口湖町の居酒屋『漁』。加計孝太郎学校法人加計学園理事長、秘書官らと食事。」

プチ鹿島さんによれば、読売新聞だけが加計孝太郎氏の名前を記載していない、というのだ。「読売が安倍首相のために配慮したのではないか」と視聴者の勘ぐりを誘うような指摘である。
読売はこの「ユアタイム」の内容に腹を立てたのか、翌週から「ユアタイム」の新聞読み比べコーナーでの読売新聞の記事の使用が不許可になった、とプチ鹿島がツイートしている。当然ながら、ネット上では読売の対応について、「ケ○の穴が小さい」などという声が多く上がった。
しかしながら、このような読売の対応は大人気ないという以前に、無用な過剰反応ではないかという気がしてならない。なぜならこの記事が出た昨年8月の段階では、まだ世の中で加計学園問題は騒ぎになっていないからである。
読売がこの時点で安倍さんのために加計孝太郎氏の名前を隠すべき「何か」を掴んでいたのならともかく、客観的にはこの時点で加計孝太郎氏という会食相手の名前を出そうが出すまいが、たいした問題ではない。さらに同日の日本経済新聞・「首相官邸」を見ると、

日経新聞 「18時21分、同県富士河口湖町の居酒屋『漁』で秘書官ら。」

と、読売だけでなく、日経も加計孝太郎氏の名前を出してはいない。要は、読売になんら批判される余地はない、いわば「誤爆」だ。むしろ、プチ鹿島さんの指摘は、単なる芸人のシャレとスルーするべきが、大新聞としての読売の常識的対応だったのではないだろうか。
【参考】安倍首相「読売を熟読して」発言は癒着ぶりの極み
読売新聞といえば、安倍首相が国会答弁で憲法改正について、「読売のインタビュー記事を読めば分かる」と言ってみたり、前川喜平前文科事務次官の出会い系バー通いを身内も訝しむ取材不足のままで大きく報じてみたり、前川氏からは和泉総理補佐官との関係を疑われたり・・・と、かなり安倍総理寄りイメージが強くなってしまった新聞である。
それだけに、この程度のことに使用不許可などと目くじらを立てれば、逆に世間はその関係性を勘ぐったり、悪意を持って憶測したりする。そんなことは読売とてわかっているはずであろうが、それでもあえてナーバスな対応をしたのはなぜなのか。理解に苦しむ。
さて、次に昨年2016年10月2日の各紙「首相行動」の紙面を見てみる。
朝日・毎日・産経・東京/中日・日経はそろって次のようの記載している。

「18時 渋谷区宇田川町の焼肉店『ゆうじ』で高橋精一郎三井住友銀行副頭取、増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、加計孝太郎加計学園理事長らと食事。昭恵夫人が同席。」

一方で、読売新聞だけは記載は異なり、以下のようになっている。

「6時、渋谷区宇田川町の焼肉店『ゆうじ』で知人らと食事。昭恵夫人同席。」

この日は日経新聞も加計孝太郎氏の名前を書いているので、読売だけが他紙と判断が違うようだ。さらに、プチ鹿島さんが指摘したのは「2016年8月10日」だったが、こちらは「206年10月2日」。
昨年10月と言えば、加計学園の獣医学部新設問題が強引に進められ、そして様々な重要な動きが重なった時期である。その決定的な時期の安倍首相、加計理事長同席の会食である。プチ鹿島さんも、もしかしたらこちらの方を取り上げた方が話題性があっただろう。
読売新聞の振る舞いにいちいち何かを勘ぐるのは「メディアのゲス」と言われそうである。しかしながら、最近の読売に「ゲスに勘ぐられそうな話題」が重っているも事実。メディアや報道のあり方自体を考えさせられる。
 
【あわせて読みたい】