<映画『ホットロード』の裏話?>三木孝浩監督が舞台挨拶で語った能年怜奈の意外な素顔


黒田麻衣子[徳島テレビ祭スタッフ]

***

8月30日、筆者の地元、徳島で映画『ホットロード』の上映後舞台挨拶があった。

徳島県出身の三木孝浩監督が登壇して、短い時間ながら、撮影の裏話などを語ってくれた。(残念ながら、主演の能年怜奈と登坂広臣は来県せず。)その模様をお伝えしたいと思う。

――能年さんはよく、「天然だ」と報道されていますが、本当に天然なんですか? 

三木:たしかにカメラが廻っていない時の彼女は、天然っぽいところもありますが、カメラが回りはじめると、すっと役に入る。そのスイッチの切り替えっていうんでしょうか、それが素晴らしい方でした。また、演技についても、こちらが1つ指示をすると、それを10倍、100倍に考えて考えて、演じてくれる。その役者魂は、本当にすばらしかった。さすがだな、と思いました。

――登坂くんは、撮影中、どのようなカンジでしたか?

三木:登坂くんは、この映画が彼の人生初の演技、という状況だったんですけど、彼はやっぱり、もともとが三代目J-Soul Brothersのボーカルをしているだけあって、非常に音感が良いんですね。こちらの演技指導を、音で捉える、というか、セリフの発し方なんかを、音でイメージしているみたいで、演技が初めてとは思えないぐらいの、とてもカンのよい役者さんでした。

――ここだけの裏話を何か一つ、披露してもらえませんか?

三木:ここだけ? そうですねぇ、さっきお話に出て来た能年さん、真面目な方ですが、イタズラっぽいところもありまして。お母さん役の木村佳乃さんと二人で、本番前にこっそり示し合わせて、監督の私が「では録ります。スタート」と声をかけた瞬間、ふっと振り向いた二人の口元にそろってツケヒゲがついていた、なんてイタズラを仕掛けられたこともありました。本当に、楽しくて、良い雰囲気の現場でした。

舞台挨拶ではここまでのお話しか聞けなかったのだが、終了後、筆者にだけこっそりと教えてくれた「本当の裏話」をここで、暴露してしまおう。

映画では、ストーリーの終盤に、幼児が出てくるシーンがある。この子、実は三木監督の実子なのだとか。当日、スタンバイしてくれていた赤ちゃんが、グズってしまって撮れなかったので、急遽、ご自分のお子様で撮られたのだそうだ。びっくりな裏話だった!

(書いてしまってヨカッタのかな?と思ったものの、監督は「あー、舞台挨拶で言うの忘れたーっ」て叫んでいらしたので、喋るおつもりだったのでしょうね)

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

黒田麻衣子

黒田麻衣子(くろだ まいこ) 徳島テレビ祭スタッフ。もと高校国語教師。ドラマ好きのアラフォーおばちゃん。「平安時代文学の広報部長」。現在、徳島に高校生・大学生の社会体験を支援する団体『ソーシャル・ポート』設立準備中。