[江川達也]「東京クズリンピック」の関係者はみんなやめろ!と叫びたい。


江川達也[漫画家]

***

筆者は、もはや「東京クズリンピック」になった東京オリンピックの開催には反対だ。

クズ競技場にクズエンブレム。クズ関係者。クズ建築家にクズデザイナー。

「国民はバカだから、俺たちのすばらしさがわからない」

と言うクズな人達。

「(作品は)すばらしいけど、バカが文句言うからやめてやってるんだ」

と言うクズな人達。そんなお前達のほうがクズに埋もれて喜んでいるバカだ。関係者がみんなやめろ!!!!と叫びたくなる。そんなことを思っていると、デモとか起きそうな気はする。しかし、考えてみれば、デモなんかやっても仕方ない。

次回の選挙でこういう人達をのさばらせてる無能な政治家を落としましょう。

(本記事は、著者のFecebookエントリを元にした編集・転載記事です)

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

江川達也

江川達也(えがわ・たつや)漫画家。1961年、愛知県生まれ。愛知教育大学教育学部卒業。 アシスタントの傍ら描いた習作『Don't Give Up』が『コミックモーニング』編集部の目に止まり、1984年、「BE FREE!」(『モーニング』)でデビュー。その後『まじかる☆タルるートくん』を始めとする少年誌向けのギャグ漫画や、『東京大学物語』『GOLDEN BOY』などの青年誌向けのストーリー漫画まで幅広い分野で執筆し、作品がアニメ化されるなど、立て続けにヒット作を生み出す。