[茂木健一郎]<時々のジャンクフードは「元気」の証し?>マックシェークを美味しいと感じた子どもの元気さ


茂木健一郎[脳科学者]

***

マクドナルドについての報道を見ていて、日本の1号店が出来たのはいつなんだろう、と思って調べたら、私が8歳の夏だったと知った。当時、ものすごいニュースになっていたのを覚えている。それで、初めて食べたのはいつだったか。とにかく小学校の頃だろう。

印象に残っているのは、マックシェークで、確かストロベリーだったと思うが、「この世にこんなにおいしい飲みものがあったのか!」と感激した。バーガーも、おいしかったけれども、シェークが子ども心に最もインパクトがあったのである。

時代が流れて、マクドナルドは、年に数回食べるけれど、あれほど美味しいと思ったシェークは飲まなくなった。だいたい、ビッグマックとコーラ、ポテトがついたセットにすることもある。コーラの代わりに、コーヒーにすることもある。

高校の時、北米に行って、カナダで大人たちが子どもの食べている様子を見て「ジャンクフード」と言っているのを聞いて、初めてこの「ジャンク」という言葉を知った。意味はすぐわかったが、自分たちが食べているものを「ジャンク」と言うなんて、なんだかひどい話だと思った。

そして、世の中の自然志向、健康志向が強まるにつれて、マクドナルドが提供しているような食事が「ジャンクフード」とまでは行かなくても、食べ過ぎは健康によくない、ということになっているみたいだけど、一方で、子どもの頃最初に飲んだシェークのおいしさにも、何か真実があるような気がする。

健康にいい食材を食べるのはもちろんいいけれども、シェークを美味しいと思っていた、あの頃の私の子どもとしての元気さも、信じることができる何かがあるような気がする。つまり、ジャンクフードを食べるのは、元気さの証しになる場合もあるように思うのだ。

大切なのはバランスであり、いわゆるジャンクフードを毎食食べるのは問題だろうけれども、時々食べることに、目くじらを立てることはないように思う。むしろ、口にするものはすべて健康に良いものでなければならないという過剰な意識は、「元気さ」の真逆のような気がする。

時折ジャンクフードを食べるとき、どれくらい本気で「おいしい!」と思えるかどうかが、元気さのバロメータであるようにも思う。子どもの頃、シェークを飲んで、「この世にこんなにおいしい飲みものがあったのか!」と思ったあの元気さを、ずっと持っていたいと思う。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

茂木健一郎

茂木健一郎(もぎ・けんいちろう)脳科学者。株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所上級研究員。1962年10月20日、東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程終了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を出て現在に至る。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに文芸評論、美術評論にも取り組んでいる。