ハリウッド版『GODZILLA』は「ゴジラ」を名乗らなければならない宿命が失敗だった


保科省吾[コラムニスト]

 

「GODZILLA ゴジラ」2014年7月29日、新宿バルト9にて、15時の回を鑑賞した。

監督・ギャレス・エドワーズ 主演・アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙。

2014年5月16日、全米で公開され、初日興行収入は3850万ドル(約39億円)に達し、世界オープニング興行収入1位の1億9,621万ドル(約196億円)を記録した。・・・というような情報に接すると期待はいやが応にも高まる。観客は8割の入り。

このリブート作品の(作品的な)失敗は、タイトルを『GODZILLA』と名乗らなければならなかったことに尽きる。日本の同名映画キャラクター『ゴジラ』を、知らない日本人はほぼ、いないだろう。その姿かたちを知らない人も同じ様にいないだろう。

1954年に、東京を襲ったゴジラは、ビキニ環礁の水爆実験によって、「悲しみを湛えて生まれた」日本人はその造形にみな驚いた。つまりゴジラの出現が映画のひとつのピークだったのである。

観客は登場に驚いた後にさらに驚いた。東海道線、松坂屋銀座店、ニッポンビール本社ビル、銀座和光、旧都庁、数寄屋橋、日本劇場、国会議事堂、平河町テレビ塔、勝鬨橋、みな壊した。ピークの後にさらに驚くピークが待っていた。

ハリウッド映画『GODZILLA』の監督は、すっかり知られている姿かたちを現すシーンが単純な方法では、ピークになりえないことを知っていた。だから、じらす方法をとった。全体像は決して見せない。それは成功したと思う。

だが、その後に驚くピークはやってこなかった。

芸人が、顔に「笑わせようとするメーク」をほどこして登場する。ところが登場した後には少しも面白いことがなかった。『GODZILLA』は、そんな映画だったのである、というのが著者の総括である。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

メディアゴン 編集部

メディアゴン編集部(めでぃあごんへんしゅうぶ)2014年5月末日、東京生まれ。メディア批評・メディア評論に特化したメディア専門家によるメディアニュースサイト。キー局プロデューサー、ディレクター、イベントプロデューサー、放送作家、大学教授、評論家、ゲーム作家、弁護士・・・などなど、メディアの第一線で活躍する人材が活動中。