テレビは全局がそろって一つのプラットフォームになる


氏家夏彦[TBSトライメディア、TBSディグネット社長・「あやぶろ」編集長]

 

先日、Facebook上のやりとりでどなたかの「テレビ局はそれぞれがプラットフォームですからね」という発言に、それは違うと思ったが、説明すると長くなるのでそこで会話は途切れた。私が編集長をしている「あやとりブログ」に書いたポスト「すごい記事が書かれた・・・テレビの未来はこっちだ」についてのやりとりだった。

テレビ局1局だけではプラットフォームになどなれない、何をやってもニコニコ動画に匹敵するようなユーザーは集められない。なぜならテレビはユーザーから見れば、全局がそろって初めて楽しめるからだ。

新聞のテレビ欄は全局の全番組が載っているので便利に使える。これが局ごとに別のページに載せたら不便で使いようがない。だから各局がバラバラに自局だけに使えるアプリを出しても必ず失敗する。

しかし、全局でプラットフォームを作れば強烈なインパクトになる。そこで提供するサービスは『全局全番組見逃し視聴サービス』だ。これも説明すると長くなるので、こちらの私のポストをお読みください。

テレビ各局の先端の人たちはそれに気付いており、テレビ史上最も壮大で勇気あるネット実験を行った日テレが一番良く理解している。冒頭の記事の内容も、日テレはスゴイ!というものだ。言っておくが他局をこれだけ褒めることは滅多にないですぞ。

1度には説明できないが、これから『テレビの未来』について、少しずつ書いていこうと思っている。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

氏家夏彦

氏家夏彦(うじいえ・なつひこ) TBSトライメディア、TBSディグネット社長・「あやぶろ」編集長。1979年TBS入社。報道(カメラ、社会部、経済部、政治部、副編集長)、バラエティ・情報番組プロデューサー、管理部門、経営企画局長、コンテンツ事業局長(インターネット・モバイル、VOD、CS放送、国内・海外コンテンツ販売、商品化・通販、DVD制作販売、アニメ制作、映画製作)