<今だから語れる!笑える?>業界歴30年の放送作家が明かすテレビの「恥ずかしい勘違い」


高橋秀樹[放送作家]
2014年7月4日

 

テレビ出演者のバカな間違いとか、とんでもない勘違いとかは生放送の場合そのまま放送される。そのほかにも、CM中や、リハーサル中に行われた発言は記録しておかないと、当然、消えてしまう。

忘れ去ってしまうには惜しい、爆笑ネタを記録する。今回はお気楽に。

  • 村田英雄(演歌歌手)

台本に「村田英雄、下手」と書いてあった。怒る村田。 「バカヤロウ、何でオレが“ヘタ“なんだ」 下手(シモテ・舞台向かって左側のこと)なんですけど。

  • 佐々木信也(キャスター・プロ野球ニュース)

春季キャンプから真っ黒に日焼けして戻ってきた王監督をスタジオに迎えて、 「王さん、真っ黒ですねえ。日本人じゃないみたい」

  • 鈴木史朗(アナウンサー・「さんまのからくりテレビ『ご長寿早押しクイズ』」)

「アルプスの少女といえば名前は?」という問いに、 お年寄りが 「アリラン」

  • 新沼謙治(演歌歌手・視聴者からの手紙を朗読)

「子供のころは、家が大変貧乏で、“ヤク”も買えませんでした」 「薬(くすり)も買えませんでした」ですよねえ。

  • 動物モノの映像に生ナレーションをつけていたナレーター

「広大なサバンナを、土煙をあげて進んでゆく数千頭の又一(またいち)。」 ヌーだろそれ。打ち合わせしとけよ。

  • TBS「欽ちゃんのこれが一番」という番組

最初はタイトルコールで始まるが、 出来上がってきた台本の1ページ目に大きな文字で書いてあったのは 「欽ちゃんのこれが一番」 コント台本に「侍、カタナを抜く」と書いた汚い字のコント作家。出来あがった台本を見て笑ってしまう。そこに書いてあったのは「侍、サカナを抜く」その方が面白いので本番では、侍が本当に腰からサカナを抜く。

  • 寺島純子(富司純子)(女優・フジテレビ「3時のあなた」の司会)

ある航空機事故を受けて 「遺族は悲しみのズンドコに突き落とされました」

【あわせて読みたい】