<もうテレビ局は関係ない?>30代〜40代の主婦の感覚は「NHKと、それ以外のチャンネル」である


福原フトシ[放送作家]

***

筆者はテニスサークルに通っているので、30代から40代の普通の主婦と話す機会が結構ある。そんな主婦達のテレビに対する認識は、「NHKとそれ以外のチャンネル」であることが最近わかってきた。

つまり、「このチャンネルで、この番組」という認識がほとんどないのだ。 以前、こんな恐ろしい会話を聞いたことがある。

「○○○って番組面白いよ。」

「へぇー、何時から?」

「○曜日○時から」

「OK!」

何チャンネルか? は聞かずに会話が終わってしまったのだ。

つまり、彼女達の中では、ハナからザッピングする気が満々なのである。 チャンネルをグルグル変えて、興味があるものに出会ったら「見る」 というか、「見てやる」というネットサーフィンと同じ感覚なのだろう。

よく視聴率が出た際、「ステーションパワー」という話しが出る。しかし、こんな会話を聞いていると、一般人にはそんな認識は全くないのだろう。

言い換えれば、テレビマンやテレビウーマンは、視聴率が悪いことを「自分の局のイメージが悪いせい」には、決して、してはいけないということなのかもしれない。

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

福原フトシ

1968年生まれ。ホリプロの所属の芸人(同期は芋洗坂係長と俳優の田口浩正)を経て、放送作家に。主な番組に「ワンナイR&R」(フジテレビ)、「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ)