<7/13~7/19・週間ニュースサイト別記事数ランキング>生物ニュースに特化した「カラパイア」の独自路線に注目


メディアゴン編集部

***

メディアニュース・メディア批評サイト「メディアゴン」(http://www.mediagong.jp)が送る「週刊ニュースサイト別記事数ランキング」。

今週も、前回(http://mediagong.jp/?p=10816)に引き続き、オリジナル記事を配信するオピニオン/ニュースメディア(21サイト)が、2015年7月13日から7月19日の1週間で掲載したオリジナル記事数のランキングを発表する。(メディアゴンはメディア批評に特化しているため、ランキングはあくまでも参考)

  • 1. ギズモード・ジャパン・・・175 (-)
  • 2. 日刊サイゾー・・・116 (↑)
  • 3. ロケットニュース24・・・115 (-)
  • 4. ハフィントンポスト・・・112 (↓)
  • 5. GIGAZINE(ギガジン)・・・95 (-)
  • 6. ITmediaニュース・・・94 (↑)
  • 7. J-CASTニュース・・・82 (↓)
  • 8. ライフハッカー・・・66 (↑)
  • 9. 現代ビジネス・・・56 (↓)
  • 10. JBpress・・・54 (-)
  • 11. カラパイア・・・52  (-)
  • 12. ITmediaビジネスOnline・・・49 (-)
  • 13. 産経新聞 iRONNA・・・35 (-)
  • 14. らばQ・・・32 (-)
  • 15. 朝日新聞 WEBRONZA・・・29 (-)
  • 16. デイリーポータル Z・・・29 (-)
  • 17. イザ!・・・20 (-)
  • 18. メディアゴン・・・14 (↑)
  • 19. 教えて君.net・・・9 (↓)
  • 20. PHPOnline衆知・・・9 (↑)
  • 21. nippon.com・・・8 (-)

 

今回10位から17位までのサイトは前回のランキングと同位であった。

さて、10位のJBpressだが、JBとはJapanBusinessの略であり、その名の通り、日本の企業、政治経済、地方産業などを主に取り上げて掲載している。

JBpressは、2008年に運営が開始された。立ち上げに参画した元日経BP社の元記者である鶴岡弘之氏が現在、編集長を務める。

当該サイトは、経営者やコンサルタント、経済ジャーナリストなどの「ビジネス」における有識者がオピニオン記事を執筆している。なお、執筆者の人数は、130名を超える。また、海外に関する記事は、イギリスのフィナンシャルタイムズおよびエコノミストと提携し、記事を翻訳後、配信。「海外」と「地方」を中心に、ビジネス情報を多角的に取り上げる。

カテゴリーは、「国際」、「地方」、「政治経済」、「ビジネス」、「産業」、「国内」、「キャリア」、「ライフ」に分類され、連載記事も盛り込まれている。

さらに、当該サイトは「プレスリリース」を掲載している。広告ならほとんどのサイトで見受けられるが、プレスリリースは他のニュースサイトやオピニオンサイトではあまりみられない。これも、ビジネスに特化したサイトならではの特徴といえるだろう。

そして、11位だったカラパイアは、株式会社ミンキュアが運営している。一見、2ちゃんねるまとめのようなデザインではあるが、サイト下部に記載されている「ご利用について」にはこう記述してある。

カラパイアは主に海外情報サイトを巡回し、ワクワクどきどきするニュースや映像、画像などを集め、管理人の視点を踏まえて紹介していくサイトです。

上記にあるように、海外サイトの、主に生物に関する記事を中心に配信している。カテゴリー一覧には、「動物・鳥類」、「昆虫・爬虫類・寄生虫」、「水中生物」、「植物・菌類・微生物」、「料理・健康・暮らし」、「人類」、「変形・変体生物」、「絶滅・絶滅危惧種生物」など、20を超えるカテゴリー名が連なる。

政治・経済やエンタメ・メディア、企業・ITなどに特化したサイトはあるが、生物に特化したサイトはほとんどない。他のサイトと差別化ができているためか、1日あたり約100万PVを継続している。乱立状態のニュースサイトやポータルサイトのなかで、今後は、どんどんニッチ戦略を図るサイトが増えていくかもしれない。

 

 【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

メディアゴン 編集部

メディアゴン編集部(めでぃあごんへんしゅうぶ)2014年5月末日、東京生まれ。メディア批評・メディア評論に特化したメディア専門家によるメディアニュースサイト。キー局プロデューサー、ディレクター、イベントプロデューサー、放送作家、大学教授、評論家、ゲーム作家、弁護士・・・などなど、メディアの第一線で活躍する人材が活動中。