<テレビの裏側を伝えるのがテーマ?>アメトーーク「マネージャーと二人三脚芸人」


高橋維新[弁護士]

***

2015年10月22日放映のテレビ朝日「アメトーーク」。テーマは「マネージャーと二人三脚芸人」である。

ひな壇の芸人たちが付き合いの長いマネージャーと一緒に登場し、お互いに普段の仕事模様を喋るという内容である。司会の隣には、ガヤ役の藤本敏史(FUJIWARA)が配置されている。

出てきたマネージャーは、素人さんである。元芸人という人もいたが、基本的には素人さんである。素人を画面に出して、どうおもしろくするのか。イジっておもしろい素人ならイジればいいのだが、画面に出たマネージャー4人はみなそこまでイジって活きるキャラではなかった。

唯一の女性だった博多華丸・大吉の曽志崎マネージャーは、普通の女の子に出る行動をたびたびイジられており、華丸との普段の行動に対して藤本も盛んに「付き合っているだろう」というガヤを入れていたが、芸人によるイジリとしては控え目だった印象である。

元芸人だというサンドウィッチマンの林マネージャーは、マッチのモノマネを二度もやらされていたが、逆に言うと二回しかフられていなかった。

アンガールズのいむたマネージャーは、一番イジり甲斐のあるビジュアルであったが、山根が「素人童貞」と言った以外には特にそこをイジられてはいなかった感がある。

出川の市川マネージャーは、基本的にずっと真面目な感じであった。

もしかしたら、「マネージャーの仕事内容と」いうテレビの裏側を伝えるのが今回のメインだったのかもしれない。時たまそれに併せておもしろい話がポンと出て、乗っかりやガヤもフワッと入るのだが、小規模なまま収束してしまう。番組の最後も、芸人の側がマネージャーに感謝の言葉を述べるという感動系の演出でシメられていた。全体的にはテレビの裏側を伝えて、芸人がマネージャーに謝意を評する「知的興味」「感動」のドキュメンタリー風だったと言っていいだろう。

テレビの裏側を知るという意味では興味深くはあったが、それでも敢えて芸人を集めてトーク番組をやるならもっと笑いに特化して欲しいものである。(そして、「笑い」の方向に極端な意見を出し続けるのがバラエティ批評を書く筆者の役目だとも思っている)

さて、出演者を5点満点の採点してみたい。

【出川哲朗】3.5点

天然っぷりは健在。あまり噛んではいなかったが、言っていることの「内容」がよく分からないというタイプの天然は全面に出ていた。最初に大袈裟なことを言って全然それが実現できないという流れのトークも彼の芸風である。

芸人というのは何をやってもバカにされるのが仕事であり、長いこと続けているとだんだん嫌になってくるものである。歌を歌えば笑われ、映画を撮ってはバカにされ、結婚すれば相手をけなされる。歳をとった芸人は、だんだんバカにされるのが嫌になり、自分でバカにしてはいけないものとバカにしていいものの線引きを始める。でもそれは、笑いの可能性の摘み取りであって、芸人のプロ根性に反する行動である。宮迫なんぞは、その線引きが顕著なタイプの芸人である。

出川は、(テレビで見受けられる限りでは)こういった線引きを一切しておらず、何をしてもバカにされるという自分の芸人としてのキャラクターを甘んじて受け入れている。

それが出川の生き残り方だったのだろうが、並大抵の精神力でできることではない。もう50を超えているのに、しゃべるたびに後輩からも客からも失笑が漏れる。そうやってプライドが傷つけられた状態でもしゃべり続けられるのは、出川のプロ根性があってこそだと思っている。

ただ、こういう風に褒めると出川に対する営業妨害になってしまうので、貶しておかないといけない。もしかしたらプロ中のプロではなくて、笑われていることに気が付いていないただのアホウなのかもしれない。

今回の、「ブログの文を全部、市川マネージャーに打ってもらっている」というエピソードからも若干のアホウさが垣間見えたのは確かである。

【博多華丸】(博多華丸・大吉)3.2点

ピンクの衣装が座席のソファーの色と同化しており、冒頭「僕のこと見えてますか」と発言したのが唯一の好プレー。あとは曽志崎マネージャーとの女子のような絡みが終始可愛かったが、可愛かっただけである。藤本から「付き合ってるやん」というイジりが入っていたが、基本的にはフジモンの功績である。ただ天然を出しているという面では出川と一緒なので、この程度の点数にする。

【博多大吉】(博多華丸・大吉)3.3点

黒い面が出ており、曽志崎マネージャーという素人をイジれていたのでこの点数。

【伊達みきお】(サンドウィッチマン)2.0点

「これじゃあダメだなあ」という印象。

前回の「ついつい食べ過ぎちゃう芸人」ではボケ役として縦横無尽の活躍だったが、今回はツッコミという普段の仕事を十全にこなす好機だったはずである。出川に素人のマネージャー4人と材料も揃っていた。2点台に乗っているのは、1回ガヤでツッコミを入れていたから。でも、1回ではダメである。

【富澤たけし】(サンドウィッチマン)1.6点

相方の伊達と違って普段の仕事がボケなので、立ち位置的には迷子。実際の収録でも迷子。

【山根良顕】(アンガールズ)2.2点

キモキャラで仕事がある田中と異なり、開き直れていない結果、仕事も露出も減っている山根。

もともとアンガールズの「比較的キモくない方」だったため田中のような売り出し方をするにはキャラの転換が必要な状況にはあったが、それにしても何もしていない。

今回の放送でも既婚者の立場から田中に「結婚していない奴には分からない」と文句をつけていたし、いむたマネージャーから「嫁に隠れて煙草を吸っている」と暴露された時もマジで嫌がっていた。あそこは、田中みたいにキレないとおもしろくならないはずなのに、ただ嫌がってしまったせいで笑いの芽を摘んでいる。

宮迫みたいに、言われてもいいことと良くないことの線引きをしているのである。ただし、そのやり方で「芸人」を名乗り続けるには、宮迫レベルの確かな芸がないとだめである。

【田中卓志】(アンガールズ)2.6点

あまりキモキャラは出ていなかったのでこの点数である。

今回、過去の「ロンドンハーツ」の収録でいむたマネージャーがポカして田中の出番をつぶし、田中がそれに対してキレるというシーンが流れていた。ただ、田中は「ジャンガジャンガ」の頃から芝居が下手で、キレ芸もあまり笑いとして成立していないので、もっと稽古した方がいい。

今のキレ芸のヘタさを見ると、ジャンガジャンガのヘタな芝居もわざとやっているわけではなくて、あれが限界だったように思う。

【宮迫博之】(雨上がり決死隊)3.0点

ハイライトは、芸人が感謝の手紙を読むシーンで林マネージャーにもう一回マッチのモノマネをフった所と、その後、いむたマネージャーにも同じモノマネをフった所。ただ、もっとしつこくやってよかったと思う。

【蛍原徹】(雨上がり決死隊)1.5点

1回ツッコミを入れていたのでこの点。

【藤本敏史】(FUJIWARA)3.9点

博多華丸と曽志崎マネージャーへの「付き合ってるやん」というガヤを始め、有効な絡みに溢れていた。起用には答えた形か。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.
高橋維新(たかはし・いしん)弁護士、コラム二スト。1987年、東京生まれ。2006年、東京大学法学部入学。2010年より「マヒ郎」のペンネームでファミ通町内会へ「ハガキ職人」として投稿を始める。現役ハガキ職人を続けながら、2012年に司法試験合格。2013年、弁護士登録(函館弁護士会)。ファミ通町内会長(第5代)。