<利を得るものは誰?>北朝鮮マグニチュード5.1の揺れに核実験の可能性を菅官房長官が示唆


メディアゴン編集部

***

日本経済新聞が以下のような記事を配信した。

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、同日10時30分ごろ北朝鮮でマグニチュード5.1の揺れが観測されたことを巡り、自然地震ではない可能性があると述べた。

「過去の事例を踏まえれば、北朝鮮の核実験の可能性がある」

とも語った。首相官邸に対策室を設け、情報収集にあたる。

この発表によってに、また、北朝鮮の核実験が事実であるとして、これらによってれによって利を得るものは誰なのか、我々は慎重に見定める必要がある。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

メディアゴン 編集部

メディアゴン編集部(めでぃあごんへんしゅうぶ)2014年5月末日、東京生まれ。メディア批評・メディア評論に特化したメディア専門家によるメディアニュースサイト。キー局プロデューサー、ディレクター、イベントプロデューサー、放送作家、大学教授、評論家、ゲーム作家、弁護士・・・などなど、メディアの第一線で活躍する人材が活動中。