[キンコン西野]芸能活動の失敗はいくらでも取り返せる


西野亮廣[芸人(キングコング)]

***

芸能活動の失敗なんて、いくらでも取り返せる。

だから、僕が後輩から相談を受けた時は、間髪入れずに「やっちゃえよ」と返している。すると、「やります」と一歩踏み出す奴と、「いつか、やろうと思います」と方向性をボンヤリ決める奴の2つに別れる。

ここには、もう天と地ほどの差があって、「踏み出し癖」みたいなものが備わっていない奴は、どんどん遅れをとっていく。

空振りを避ける奴というのは、打てる見込みがある球が来るのを待っている。もちろん、そんな甘い球が続くわけもなく、結果的に打率が低い。

ところが、「10打席で3回打てば強打者なんですね。てことは、7回は失敗できるわけだ」と割り切れている奴は、際どいコースにも、実験的にどんどんバットを振っていくから、「あ、意外とこのコースは打てるかも」と気づき、結果的に打率も上がる。

「『踏み出し癖』とか言ってんだから、『踏み出す』『踏み出さない』で喩えを考えろよ。なんで『振る』『振らない』の話をしてんだよ」とも思うが、もう後戻りはできない。

僕のFacebookの文章はいつも一筆書きで、これが踏み出しちゃった結果だ。ご覧の通り、失敗もある。

「踏み出し癖」が備わっている奴は、失敗が多い分、まもなく「立ち直り力」というか「誤魔化し力」も備わってくる。

つまり「踏み出す」と、一粒で二度美味しいわけだ。

でも、後輩から相談を受けた時は、こういった間の説明を一切省いてしまい、「やっちゃえよ」の一言で終わらせてしまう。

それはもう僕が悪いわけではなく、美味しいビールの責任であり、夕方6時以降の僕に冷静な判断を求めた後輩の責任でもある。

夕方以降の僕は西野ではなく、ビールなのだ。お酒が入るとエロイ気持ちになってしまって、後輩の相談なんてどうでもよくなるという習性もある。

先日も後輩芸人「プリマ旦那」の野村尚平が「話を聞いてください。昼間に!」というので仕事合間にランチに行くことになった。

彼は夜の僕をまるで信用していないので天才だ。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

西野亮廣

芸人吉本興業
西野亮廣(にしのあきひろ)お笑いタレント、俳優、絵本作家、漫才コンビ「キングコング」のツッコミ、ネタ作り担当。1980年、兵庫県出身。タレント活動と平行しつつ、2013年2月には、ニューヨークのトライベッカ「One Art Space」で初の海外絵本絵画展「Akihiro Nishino Solo Art Exhibition」を開催。同年11月には「TDW ART FAIR 2013」の「小川登美夫賞」「川崎健二賞」も受賞。著書に、「グッド・コマーシャル」「嫌われ西野、ニューヨークへ行く」「Dr.インクの星空キネマ」「ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス」「オルゴールワールド(原案:タモリ)」など。