<ビートたけし、松本人志>芸能界のご意見番化する大物芸能人


メディアゴン編集部

***

芸能界のご意見番と言えば、例えば和田アキ子を思い浮かべる人は多いだろう。和田は新CMの発表会であろうと、コンサート開催の記者会見であろうと、その時々の芸能ネタにきちんと反応してくれる芸能リポーターに取ってはありがたい存在であると言われる。

そのリアクションはたいてい、誰でも想像のつくありきたりなものであるが、もちろん安定感はある。時にプライベートなつきあいのある人物については、報道されている以上のフライング発言することもあるので、「ご意見」を求めておいて損はないのかも知れない。

最近、ご意見番化している存在はビートたけしであろう。たけしは、何を言っても『たけしならしょうがない』というキャラクターを作り上げた希有な存在である。たとえば新番組の製作発表で「映画が撮りたいので、テレビでギャラだけ稼ごうと思って出ることにしました」と言っても許される存在である。しかしながら、かつては実際に今書いたような言葉を口にすることはなく、その雰囲気を醸し出すだけに留めていたように思う。

【参考】キンコン西野「『売れるから値段を上げる』という発想は危険」

では、最近のたけしはどうか。トーク番組に出て自作映画の宣伝をするようになった。そのあたりから、芸能界のご意見番化が加速したように感じる。「宣伝なんかして自分の映画に客を呼ぶのは恥ずかしい」と思っていた(であろう)頃のビートたけしの方が好きな人は多いのではないか。

そして最近、超スピードで芸能界のご意見番化が加速しているのは、松本人志である。どのような考えがあって引き受けたかは知るよしもないが、「ワイドナショー」(フジテレビ)のコメンテーターを務めているせいもあるだろう。今のところ、その「ご意見」は凡庸を越えている。どのくらい越えているかというと、彼の「ご意見」にはネットが必ず飛びつき、拡散し、広く話題になるほどには凡庸を越えている。

松本の「ご意見」には、ダウンタウンで漫才をやっていた頃の片鱗も見える。その片鱗をもっともっと見せて欲しいと思っている人は多いはずだが、なぜやらないのだろう。その理由は、相方の浜田雅功にあるのかも知れない。

ダウンタンとして出演する番組での浜田のツッコミは、

「なんでやねん」

「ふざけんな」

「なにをいうとんねん」

「腹立つわぁ~」

「アホやこいつ」

などであり、それ以外は出てこない。このことについては本人も自覚しているらしく、ツッコミのセリフが少ないことをイジる自虐的な企画も見ることがある。「発想型のボケ」とう新境地を開いた松本としては、浜田のツッコミではもう物足りないのかも知れない。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

メディアゴン 編集部

メディアゴン編集部(めでぃあごんへんしゅうぶ)2014年5月末日、東京生まれ。メディア批評・メディア評論に特化したメディア専門家によるメディアニュースサイト。キー局プロデューサー、ディレクター、イベントプロデューサー、放送作家、大学教授、評論家、ゲーム作家、弁護士・・・などなど、メディアの第一線で活躍する人材が活動中。