シン・ゴジラが「ダメな続編」にならなかった8つの理由


保科省吾[コラムニスト]

***

ものすごく遅ればせながら、「シン・ゴジラ」を見た。公開から1ヶ月近くたってもなお評判は高く、筆者が観覧した日も、満員で一番前の席しか取れなかったぐらいだ。

【参考】観ていない人の妄想を膨らませる「シン・ゴジラ」の百聞

「シン・ゴジラ」については、さすがに色々な角度からの評も既にたくさん出ているので、あえて映画評をしようとは思わない。ただ、この映画が、有名作品シリーズにありがちな、いわゆる「ダメな続編」にならなかった理由について、気がついたことを列挙してみたい。

(1)出演者にジャニーズタレントを起用しなくても良かったところ。

(2)いわゆる「大物っぽい」「主役っぽい」役者を使わなかったところ。

(3)永田町や霞ヶ関、官僚と政治家の取材を綿密に行って脚本をおこしていたところ。

(4)ゴジラのメタファーを勝手に思いついてしまう時期に完成、公開したこと。

(5)ゴジラが東京スカイ・ツリーをこわさなかったところ。

(6)ガキ目当てに作ってはいないところ。

(7)新幹線爆弾に、在来線爆弾。きちんと荒唐無稽をやっているところ。

(8)石原さとみが英語を喋る度にむずがゆくなったところ。

簡単そうにみえて、難しいポイントを数多くクリアしている「シン・ゴジラ」。これであれば、やはり「ダメな続編」にはならないだろう。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

メディアゴン 編集部

メディアゴン編集部(めでぃあごんへんしゅうぶ)2014年5月末日、東京生まれ。メディア批評・メディア評論に特化したメディア専門家によるメディアニュースサイト。キー局プロデューサー、ディレクター、イベントプロデューサー、放送作家、大学教授、評論家、ゲーム作家、弁護士・・・などなど、メディアの第一線で活躍する人材が活動中。