<TPP強行採決は民主主義の否定>安倍政権は世論踏まえTPP採決先送りせよ[植草一秀]


植草一秀[経済評論家]

***

TPP承認案の採決を11月2日以降に先送りすること。これが野党の最低防衛ラインである。共同通信社世論調査では、TPP審議について次の調査結果が示されている。

環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案について、

  • 今国会で成立させるべきだ(17.7%)
  • 今国会にこだわらず慎重に審議するべきだ(66.5%)
  • 今国会で成立させる必要はない(10.3%)
  • 分からない・無回答(5.5%)

また、共同通信社は南スーダンでの自衛隊による「駆け付け警護」についても調査している。南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊の部隊に、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」の任務を付与することに、

  • 賛成(30.6%)
  • 反対(57.4%)
  • 分からない・無回答(12.9%)

世論調査に十分な信頼を置くことはできないが、上記の数値は主権者の考え方と大きくは離れていないと思われる。

TPPについて、明確に反対とする回答が少ないのは、TPPの詳細についての理解が進んでいないことを反映してのだろう。

メディアがTPPの重要な内容をまったく伝えない。TPPは単なる関税率引き下げの協定ではない。

各国の制度、規制に全面的に影響する、経済社会の枠組みを決定する強制力を持つ協定=条約なのである。米国産牛肉のステーキを安く食べられるの一言で片づけてよい問題ではない。

国会で参考人質疑が行われ、また、すでに北海道と宮崎で地方公聴会が開かれたが、この場でも、さまざまな問題点が指摘されている。

  • 農業の崩壊
  • 食の安全の崩壊
  • 公的保険医療制度の崩壊
  • 労働規制の撤廃
  • 金融資産の収奪
  • 共済制度の崩壊

などさまざまな問題が警戒されている。
多くの有識者がTPPの重大な問題点を指摘し、日本はTPPに参加するべきでないと主張している。

この重要な主張がメディアでまったく紹介されていないのである。そのために、一般市民の多くが、TPPについて判断しあぐねているというのが現状である。

官邸前で継続して展開しているTPP批准阻止運動でも、まずは、

「この国会での拙速な批准をしないこと」

を呼び掛けている。

地球温暖化対策のパリ協定は、日本の承認が遅れ、日本は発効に間に合わない失態を演じている。これに対して、TPPは発効の見通しがまったく立っていない。

米国が承認しなければTPPは流れる。その米国でTPP承認の見通しはなく、仮にクリントンが大統領に選出され、手のひらを返してTPP承認に進む場合でも、米国はTPPの修正を求めてくると見られている。

だから、TPP交渉参加国は、米国の様子を見守っており、拙速に承認に進もうという国はほとんどない。日本がTPPを焦って拙速承認する理由はなく、拙速承認は主権者に対する背信行為である。

世論調査結果は、日本の主権者がTPP拙速批准に反対であることを鮮明に示している。この主権者の意思を踏みにじってTPPを強行採決することは、民主主義の否定である。

安倍政権は強行採決しても、その直後の世論調査結果を改ざんする。

「強行採決したが支持率は上がった」

というウソの情報をメディアに流布させる。しかし、このようなペテンに二度も三度だまされるほど、日本の主権者は愚かでない。安倍政権は次の総選挙で木っ端微塵に吹き飛ばされることになるだろう。

まずは、衆議院でのTPP採決を11月2日以降に先送りさせなければならない。

植草一秀の公式ブログ『知られざる真実』はコチラ

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

メディアゴン 編集部

メディアゴン編集部(めでぃあごんへんしゅうぶ)2014年5月末日、東京生まれ。メディア批評・メディア評論に特化したメディア専門家によるメディアニュースサイト。キー局プロデューサー、ディレクター、イベントプロデューサー、放送作家、大学教授、評論家、ゲーム作家、弁護士・・・などなど、メディアの第一線で活躍する人材が活動中。