<総理は辞めると啖呵?>「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ問題


両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]

***

経済評論家・植草一秀氏が詳細に伝えている「瑞穂の國記念小學院」への国有地払い下げ疑惑ですが(http://mediagong.jp/?p=21620)、払い下げ価格などの不可解な問題に加え、もうひとつの問題があるように思います。

ぜひ動画サイトで検索し「大阪 開成幼稚園」および「塚本幼稚園」園児の動画を視ていただきたい。壇上にならぶ園児たちが大声で叫んでいるのはなんと「教育勅語」、続いて大きく口を開けて元気に斉唱しているのは、「海ゆかば」、「愛国行進曲」、「日の丸行進曲」など。

こうしたことを教育方針とする幼稚園の園長が森友学園の籠池泰典理事長です。保護者向け文書に「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載し、民族差別とかヘイト文書ではないかと大阪府から調査を受けています。

園児が暗唱する「教育勅語」は忠君愛国を国民道徳として強調した明治天皇の勅語です。もちろん戦後廃止されています。

園児が斉唱する「海ゆかば」は「海ゆかば水漬く屍/山ゆかば草むす屍/大君の邊にこそ死なめ/かえりみはせじ」という詞で、「海では水に、山では草の上に屍となっても、天皇のために死ぬなら後悔などない」といった意味でしょうか。戦時中は戦死者がでた戦況を大本営が発表する時にテーマ曲として使われた曲です。

幼い園児たちが何の疑いもなく忠君愛国を唱え、天皇のために命を捨てることを厭わないと一心不乱に歌っています。この姿は、筆者にはあまりに痛々しく、幼い子らにそこまでしなくても・・・と強く思えました。

【参考】「安倍晋三記念小学校」問題で安倍内閣総辞職か

こうしたことを教育として実践する森友学園の籠池泰典理事長が新たに開校しようとしているのが国有地払い下げで問題となっている「瑞穂の國記念小學院」です。この小学校が「教育の要」として列挙している項目の中には以下のような文言が見られます。

 *皇国日本を再認識。皇室を尊ぶ。

*伊勢神宮・天照大御神外八百万神を通して日本人の原心(神ながらの心)、日本の国柄(神ながらの道)を感じる。

*愛国心の醸成。国家観を確立。

*教育勅語素読・解釈による日本人精神の育成(全教科の要)

(以下略)

かなり復古的というか戦前回帰を教育方針にしている学校ですが、この「瑞穂の國記念小學院」の名誉校長は総理夫人の安倍昭恵さんです。

 HPやパンフレットの学校紹介の冒頭には「安倍内閣総理大臣夫人・名誉校長 安倍昭恵先生のご挨拶」が大きく載っています。

『籠池先生の教育に対する熱き想いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました』

首相夫人は、幼い子どもたちに「教育勅語」を暗唱させ、「海ゆかば」「愛国行進曲」を歌わせ、民族差別を指摘されるような発言を繰り返す籠池泰典理事長の教育への思いに感銘を受け、名誉校長に就任されたのです。

形ばかりではなく、昭恵夫人は本気で籠池泰典理事長の理念に心酔しておられるようで、1年に2回も塚本幼稚園を訪問しています。その心酔ぶりの深さはテレビ東京系の「ゆうがたサテライト」が独占で伝えた塚本幼稚園での挨拶で明らかです。

『普通の公立学校の教育を受けると、せっかくここ(塚本幼稚園)で芯ができたものが、(公立の)学校に入った途端に揺らいでしまう。』

驚くべき発言ですが、だから瑞穂の國記念小學院が必要だとおっしゃりたいようです。

安倍昭恵さん個人の心情は自由でも、公人とおぼしき内閣総理大臣夫人が公立学校の教育を批判し、本気で明治憲法下の教育勅語を毎朝唱和させるような学校を求めている発言ですから、疑問を感じる向きもあるのでは。

 そもそもこの学校は「安倍晋三記念小学校」として設立しようとしていたことを総理も国会で認めています。2012年頃、現役国会議員の名前を冠した小学校は望ましくないとして断ったそうです。「瑞穂の國記念小學院」の「記念」は『安倍晋三』を記念した名残なのかも知れません。

ところが名残ばかりでなく、父兄への寄付金集めに使われる振り込み取り扱い票には「安倍晋三記念小学校」という名称が記されています。もしかしたら、この学校の教育方針に対する思いは安倍総理も昭恵夫人と同じなのかもしれません。もしそうだとしたらかなり怖ろしいことと感じる方も多いのではないでしょうか。

【参考】安倍国会答弁で「安倍晋三記念小学校問題」の事件化は必須

その怖れには現実味があります。森友学園の籠池泰典理事長は日本会議の役員もしくは大阪代表・運営委員と報道されています。日本会議は憲法改正などを求める右派ロビー団体で、いま安倍総理にもっとも影響力を持ち、憲法改正をはじめ安倍内閣が推し進める政策の多くは日本会議の主張とシンクロしていると言われています。事実、多くの自民党議員はもとより安倍内閣の閣僚は総理自身を含めほとんどが日本会議国会議員懇談会のメンバーです。

日本会議について書かれた菅野完氏の「日本会議の研究」、青木理氏の「日本会議の研究」によれば、日本会議の中でも主張は一色でないようです。全体として戦前回帰の傾向があるものの、籠池泰典理事長のように幼い子どもに「教育勅語」や「海ゆかば」「愛国行進曲」を強いるのは極端なのかもしれません。

昭恵夫人はこうした籠池泰典理事長の教育に深く賛同し、これに反する公立学校の教育を一部否定されているわけで、もし安倍総理も同じような考え方をされているとしたら、筆者を含め、かなりの方が震撼する事態ではないでしょうか。

安倍総理は衆院予算委員会でこう言い切りました。

『私も私の妻も、いっさい認可にも、国有地の払い下げにも関係ないのでありまして、(中略)関係していたということでありましたら、総理大臣も国会議員も辞めるということははっきりと申し上げておきたい。』

 「瑞穂の國記念小學院」に対する国有地払い下げ問題は、結局の所ほとんどタダで10億以上の国有地を籠池氏の森友学園へ払い下げたわけですから、数多くの不明瞭な点が露骨に見えています。実態に問題があれば、その経緯に安倍総理および昭恵夫人の影響がなかったのかも明らかにしなければなりません。

【参考】「瑞穂の國記念小學院」用地払い下げ問題の解明急務

一方で、公人とおぼしき総理大臣夫人が戦前回帰的な国家観を日本の教育に求め、文科省が管掌する公立学校の教育を否定するような言動をすることに問題はないのか、さらに、夫であり、寄付集めに名前が使われ、文科大臣の上に立つ安倍晋三内閣総理大臣にも、ご自信の教育観や昭恵夫人の言動をどう考えるのか、確かめなければなりません。

いまや支持率55%という安倍内閣ですが、その支持者の多くが公立小学校で「教育勅語」を叫び、「海ゆかば」「愛国行進曲」を大声で歌う子どもたちの姿を見たいと考えているはずもないでしょう。もしかしたら少なからぬ支持者が裏切られているのかも知れません。

この問題は、総理ともあろう方が国会で、問題があれば辞める、とまでの啖呵を切ったのです。このきわめて珍しい事態に調査報道でお応えしなければ、マスコミの面目は立ちません。大阪ネタではありますが、こんな面白いネタをワイド番組などで取り上げないのはフシギです。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

両角敏明

両角敏明(もろずみ・としあき)テレビディレクター、プロデューサー。 バラエティ、報道、情報、すべての番組を手がけてきた。