TOHOシネマズの面白すぎる幕間アニメと残念すぎる山崎紘菜


メディアゴン編集部

***

シネコンTOHOシネマズの「おまけ」が楽しい。

劇場作品の広告の間に公開される幕間アニメ『紙兎ロペ』。短編アニメとして大変すぐれているが、ポップコーンの売り上げを上げるための道具に使ってしまうのは可哀想だ。

身の回りにいそうなダメな会社員を貝に見立て、ダメ会社員を歌で紹介するアニメーション『貝社員』。才能のあるクリエイターはここにいたのかと思わせるほどの完成度。新作が待ち遠しい。

ヒップホップトラックがクスッと笑える『MC FAMILY』もすばらしい。しかし、違法ダウンロードの禁止を呼びかけるダンスはさすがにもう飽きたので、新作にして欲しい。ただ、これは繰り返し見て欲しい重要なメッセージだ、という意味なのかもしれない。業界の危機感がよくわかる。

【参考】能年玲奈(のん)が正常に活動できない芸能界の病

予告編の紹介をしているのは、東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞した山崎紘菜(やまざきひろな)。この人は女優であるそうだが、なぜ誰もが気になってしまうほどに棒読みなのだろうか? わざとヘタにやっているのか。

もしそれがわざとでないのなら、ちゃんと先生について朗読の稽古をまずやった方が良い。美人でスタイルも良い魅力的な人なのに、このままではあまりに残念だ。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

メディアゴン 編集部

メディアゴン編集部(めでぃあごんへんしゅうぶ)2014年5月末日、東京生まれ。メディア批評・メディア評論に特化したメディア専門家によるメディアニュースサイト。キー局プロデューサー、ディレクター、イベントプロデューサー、放送作家、大学教授、評論家、ゲーム作家、弁護士・・・などなど、メディアの第一線で活躍する人材が活動中。