Author : 藤本貴之

  • <熊本地震で民進党ツイッターが炎上>「中傷ツイートは職員の責任」理論は炎上が加速するだけ

    民進党の公式ツイッターが「炎上」している。今回の熊本地震で迅速に対応したことが好評価の自民党。これに関連し、あるツイッターユーザーが、野党・民進…

  • <消去法で「C案」が合理的か>五輪にふさわしいエンブレムってどれ?

    五輪エンブレムの最終候補4作品に関し、筆者も方々から「良し悪し」「優劣」の意見を求められる。しかし、筆者がこれまでに何度も指摘しているように、本…

  • <キンコン西野に直接聞いてみた>話題の落選エンブレムから見える「東京五輪」の行方

    白紙撤回となった佐野研二郎氏の五輪エンブレム騒動から半年。仕切り直しとなった五輪エンブレム公募の最終候補作4点が4月8日に発表された。透明性と国…

  • <最終候補4作品から解説する>五輪エンブレムのデザインに「優劣」など出ない

    4月8日、2020年東京オリンピックの新エンブレム公募の最終候補4作品が発表された。この日は筆者もいくつかのメディアから最終候補となった4作品に…

  • <公開粗探しの危険性も>自民党「オープンエントリー」による候補者選びは「炎上」するか?

    いわゆる「炎上」を防止したり予防することは、実はそれほど難しいことではない。しかし、それでも様々な場面で「ネット炎上」が起きるには理由がある。そ…

  • <東京五輪の成否にも影響?>新国立「聖火台」問題はエンブレム騒動と酷似する危険な兆候

    東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場で、「聖火台」の置き場がない状態で設計されていたことが今更になって問題になっ…

  • <杉並区議「同性愛は趣味」発言>「性的指向=趣味ではない」理論こそ危険なロジック

    杉並区議・小林ゆみ氏がゲイやレズビアン、バイセクシュアルなどの性的指向を「趣味」と発言。このことに対して批判が展開、「炎上」しているという。豊島…

  • <「炎上もどき商法」の危険性>加藤紗里、浮上から終息までわずか20日?

    今、「炎上」がトレンドワードだ。ここ最近だけでも、ベッキー不倫騒動、狩野英孝との交際で話題の加藤紗里、宿題をやらない子供のゲーム機を壊すバイオリ…

  • <BPOって何?>なぜSMAP謝罪生放送は却下され「ニュースな晩餐会」には勧告が出されたのか

    1月18日に「SMAP×SMAP」(フジテレビ)で放送された「SMAP謝罪生放送」対する約2800件の抗議。それに対してBPO(放送倫理・番組向…

  • <東京ガールズコレクション創業者・大浜史太郎氏インタビュー>「デザインなんて全部パクリ」スタイリングこそ日本ブランディング

    2020年の東京オリンピックを控え、海外への日本PRがあらゆる場面で盛んだ。地方自治体はもとより、サブカルチャーやITは言うまでもなく、ファッシ…

  • <「クールジャパン」をどう見る>「東京ガールズコレクション」創業者・大浜史太郎氏×kitsonプロデューサー・椿谷真理子氏

    急激に増加する訪日外国人観光客。都市部や観光地を中心に、外国人観光客と思しき人たちの存在が目に見えて増えてきたと感じる機会は多い。2020年の東…

  • <日本美人はセクシーさや整形では表現できない>「世界で最も美しい顔100人」に日本人が少ないことが素晴らしい

    毎年恒例となったアメリカ映画サイト「TC Candler」による「世界で最も美しい顔100人(The 100 Most Beautiful Fa…

  • <一般人が入籍しただけでネットで話題?>ニコニコ生放送・美人生主「ボブリシャス」を楽しむネットの感性

    世間一般のほとんどの人には知られていないが、一部で高い知名度と人気を誇る人がどの業界にもいる。特に、世代やユーザーに断絶の大きいメディアでは顕著…

  • <早大が不満なら他大学での審査は?>博士号取り消しの小保方氏「批判コメント」へのツッコミ

    「STAP細胞」論文の撤回に端を発し、博士論文での盗用などが指摘されたことで、博士号の取り消しにまで発展した、いわゆる「小保方問題」。取り消しに…

  • <自民党が参院選候補公募で「オープンエントリー」>ファイナリスト選びと一般投票者の参加条件が成否を分ける

    自由民主党が、来年2016年7月の「第24回参議院議員選挙」に向けた公認候補者の一般公募として「オープンエントリー」プロジェクト2016を発表し…

  • <SNS・ファスト商品・安価・リア充>ハロウィーンは若者層にとって「都合の良い行事」

    1220億円とも言われる2015年の日本のハロウィーン市場。飛躍的な伸びを見せるのは経済効果だけでない。季節の行事としてもこれまでにない盛り上が…