<参院ネットTVを見よう>麻生元首相「みぞうゆう」の上を行く安倍首相「でんでん」


植草一秀[経済評論家]

***

インターネット上のサイト「参議院インターネット中継」(http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php)では、参議院の審議を視聴することができる。リアルタイムだけでなく、過去の審議もアーカイブで視聴できるから、インターネット環境で動画を視聴できる人はぜひ活用するべきだ。

  1. カレンダーで日付を選び、クリックする
  2. 「会議を検索」のなかから視聴したい会議名を選び、クリックする
  3. 「発言者一覧」のなかから視聴したい発言者を選び、クリックする

こうすると、過去の国会審議でも、中継動画を視聴することができる。しかも無料である。いまお勧めは、1月24日の参議院本会議だ。

  1. 1月24日を選んでクリック
  2. 「本会議」を選んでクリック
  3. 「発言者」から「蓮舫(民進党・新緑風会)」を選んでクリックしてみよう。

中継画面の下に全体の時間と再生中継の時間経過が表示される。全体で1:43:37の動画中継だが、0:57:07〜0:57:47の40秒間の中継動画を視聴してみよう。安倍首相が蓮舫議員の代表質問に対して答弁をしている場面である。

「なお、施政方針演説では、『ただ批判に明け暮れたり、言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれません』と申し上げましたが、これはあくまで一般論であって、民進の、民進党の皆さんだとは一言も申し上げていないわけであります。自らに思い当たる節がなければ、これはただ聞いて頂ければいいんだろうと、このように思うわけであります。訂正『でんでん』というご指摘は、まったく当たりません」

と述べた。すでにネット上では周知の内容だが、一度、実際の答弁模様を閲覧するべきである。「『訂正でんでん』というご指摘は、まったく当たりません」と発言して、安倍首相が意味を理解していたなら、流石(さすが)である。

山本太郎参議院議員が代表質問で、「歴代の総理大臣を見てもナンバーワンです」と褒め称えただけのことはあるという感じがする。

麻生元首相の「みぞうゆう」の上を行く感が強い。安倍首相は偉大な『Reader』と言われているが、この名を汚さぬためには、秘書官は読み上げる答弁書のルビを完璧に整える必要があるだろう。

問題は、次の総選挙である。大事なことは、主権者である国民の意思に沿う政治を実現することだ。そのために、何よりも大事なことは、政策を軸に選挙を行うことである。大事なのは、「政策」であって「政党」ではない。安倍政権が推進する政策に賛成する主権者もいるだろう。

しかし、反対する主権者もいる。小選挙区制度という選挙制度を踏まえると、主権者の前に、「二者択一」の選択肢が提供される必要がある。その二者択一とは、政党グループAと政党グループBではなく、政策Aと政策Bであるべきだ。戦争に関する政策・原発に関する政策・格差に関する政策で、二者択一が提示されることが重要だ。

このことを考えると、無理に野党共闘を成立させることは、むしろ有害であると思う。無理に野党共闘を追求せずに、「政策選択選挙」を実現する。これが何よりも大事だ。

植草一秀の公式ブログ『知られざる真実』はコチラ

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.
植草一秀(うえくさ・かずひで) 1960年、東京生まれ。経済評論家(日本経済論、金融論、経済政策論)。東京大学卒業後、野村総合研究所、大蔵省財政金融研究所研究官、京都大学経済研究所助教授、野村総合研究所主席エコノミスト、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、名古屋商科大学客員教授などを経て、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社代表取締役社長。