<現役ディレクターもこれからの人も>あなたはテレビ番組の優れた演出家?チェックリスト50項目


高橋秀樹[放送作家]
2014年5月9日

 

優れたテレビの演出家とはどんな人だろうか。さまざまな考えがあるだろうが、放送作家である私の「極私的観点」から、考えてみた。今回は、チェックリストにしてみたので、興味のある方は印刷してチェックしてほしい。

  1. 私は、わがままである。
  2. 私は、普通が嫌いである。
  3. 私は、普通を面白くする自信がある。
  4. 私は、(男なら)女のような男である。(女なら)男のような女である。
  5. 私は、しつこいほど考えるのが好きである。
  6. 私は、絶対一緒に仕事をしたくない演者が1人以上いる。
  7. 私には、自分より優れていると思う演出家1人以上いる。
  8. 私は、「明日来てくれ」といって応じてくれる信用できるブレーンをもっている。
  9. 私には、迷ったときに戻るところがある。
  10. 私は、「自分が番組をやる」と決めたときに、すぐ参加してくれるメンバーの顔を10人以上たちどころに思い浮かべることができる。
  11. 私は、知識はあるが馬鹿である。
  12. 私は、「他人を説得できる」“ことば”を持っている。
  13. 私は、臭くない。
  14. 私は、基本的に編成局が嫌いである。
  15. 私は、CM部分の視聴率をもっとも高くしたいと思う。
  16. 私には、「創造力」があるが、それ以上にあるのは「想像力」である。
  17. 私は、インタビューを編集するのが上手である。
  18. 私は、他のディレクターが作ったVTRを、無慈悲に切り刻むことができる。
  19. 私は、楽することも大好きである。
  20. 私は、打ち合わせは好きだが、会議は嫌いである。
  21. 私は、「面白そうなこと」と「ほんとに面白いこと」の区別がつく。
  22. 私は、脚本を書くこともできる。
  23. 私は、変わった人間であるが、普通の人を演じることもできる。
  24. 私は、当たる番組はどんな番組化はわからないが、当たらない番組は見抜ける。
  25. 私は、これについては人には負けないと思えるものを持っている。
  26. 私は、思いついたらすぐやりたい。
  27. 私は、友達が多い、または少ない。
  28. 私は、人にはおごるのが好きである。
  29. 私は、素直である。
  30. 私は、別にこだわりを持っていない。
  31. 私は、長生きしないような気がする
  32. 私は、テレビの演出家でないとしても、そこそこやっていけると思う。
  33. 私は、動きを演出する用語を持っている。
  34. 私は、語彙が豊富である。
  35. 私は、番組内での演者の立場を指示することができる。
  36. 私は、あらゆる場所で仕切るのが好きである。
  37. 私は、サービス業の人の失態には無性に腹が立つ。
  38. 私は、大道具さん、小道具さんと仲がよい。
  39. 私には、片腕と信頼するADがいる。
  40. 私は、自分がやった番組は繰り返し見る、または、まったく見ない。
  41. 私は、「運」とか「つき」とかを信じている。
  42. 私は、自分が好きである。
  43. 私は、迷っていない振りをするのが得意である。
  44. 私は、「著作権などなければよいのに」と思うことがある。
  45. 私は、仕事が早い。
  46. 私は、余分なものをかぎ分ける能力を持っている。
  47. 私は、金勘定が不得意である。
  48. 私には、人をまとめる力がある。
  49. 私は、「好き」と「嫌い」がはっきりしている。
  50. 私は、なぜ、スタッフロールが流れるか、その意味を知っている。

以上、50項目。

40項目以上、該当したら、テレビ番組の優れた演出家であることにしておこう。他にも、チェック項目があれば、ぜひ知らせてください。100項目作りたい。

 

【あわせて読みたい】