<報ステ降板問題>番組の都合を無視した古賀氏、外部圧力はない踏ん張るテレビ朝日、その意に沿って説明を繰り返した古舘氏


両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]

***

3月27日(金)のテレビ朝日「報道ステーション」での古舘伊知郎氏と、この日最後の出演となったコメンテイター・古賀茂明氏のやり取りが話題となっています。筆者はたまたま生で視ておりましたが様々な思いが去来しました。

筆者はニュース番組に近い番組のディレクターやプロデューサーのひとりであったこともあり、コメンテイターが予定外に問題になりそうな発言をした場合のスタッフや出演者の心情はわかる気がします。

こうした問題が起きた時、番組スタッフは番組を守ろうとします。これはほとんど反射的と言っていいものです。この日の「報道ステーション」を視ていて古舘さんもそのようであるように感じました。

古賀氏は自分が降ろされること、朝日新聞からのコメンテイター・惠村順一郎氏が降板したこと、さらに番組のプロデューサーの更迭にも触れ、すべては外部からの圧力が影響していると考えているようでした。さらに古賀氏からは、

官邸をはじめさまざまなバッシングを受けてきたが、バッシングは直接私にして欲しい」

という趣旨の発言もありました。これに対して古舘さんは、今後も古賀氏には機会と企画があえば出演していただくこともあるのだからテレビ局から降ろされるということではない、と繰り返しましたが古賀氏はまったく納得していないようでした。

さて、外部からの圧力があったのかどうか。ネットメディア「LITERA」が、古賀氏がイスラム国人質問題で「I am not Abe」という発言をした後に、菅官房長官が番記者とのオフレコ懇談で話したというやり取りをすっぱ抜いています。

そこには菅官房長官の怒りが「放送法」という言葉を使って語られています。それが事実なら、当然その場にテレビ朝日の記者もいたはずで、情報はテレビ朝日幹部にも「報道ステーション」にも伝わっていたはずです。

3月30日になって、「報道ステーション」は菅官房長官が定例記者会見で記者の質問に対し、番組もしくは古賀氏に対する圧力を否定するコメント部分を放送しました。しかし、その時の編集ではかなり重要と思われる部分が、故意かたまたまなのかカットされていました。その部分は他局では放送されていました。

「放送法という法律があるので、まずテレビ局がどう対応されるかを見守りたい」

これは正式の記者会見での発言ですから、菅官房長官が「放送法」という言葉を持ち出してテレビ朝日に無形の影響力を行使しているのは事実であり、ならばオフレコ懇談でも同様の発言があったとしてもまったく不自然ではありません。免許事業である放送局は「放送法」という言葉にはとても敏感です。

そしてキャスターである古舘さんは、

「古賀さんがニュースと関係のない部分でコメントをしたことに関しては、残念だと思っております。テレビ朝日と致しましてはそういった事態を防げなかった、この一点におきましても、テレビをご覧の皆様方に重ねておわびをしなければいけないと考えております」

と謝罪しました。キャスターとしての古舘さん個人ではなく、おそらくは番組司会者としてテレビ朝日の立場を代弁して謝罪したわけです。

この場面を視ていて、筆者はふと、スペシャル番組で何度もご一緒した故・筑紫哲也さんの顔を思い浮かべました。筑紫さんなら、このような場合に放送局の意を受けて、上記のようなコメントを視聴者に向けて発しただろうか。もしかしたら、何らかの「違う手」を考えたのではないか、と。

3月27日の「報道ステーション」では、古賀氏はガンジーの言葉を引用して最後のコメントを終えました。

「あなたのすることのほとんどは無意味であるがそれでもしなくてはならない

そうしたことをするのは世界を変えるためではなく

世界によって自分が変えられないようにするためである」

番組の都合など無視してまでそれを為した古賀氏。あくまで外部圧力はなかったと踏ん張るテレビ朝日。その意に沿って説明を繰り返した古舘さん。それぞれが変えられたくないものとは何なのか・・・。

もしジャーナリスト・筑紫哲也さんなら何を変えられまいとし、そのために何をしたのか。あの日以来、筆者には古舘さんの姿が心なしか小さく、か弱くなったように見えてなりません。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

両角敏明

両角敏明(もろずみ・としあき)テレビディレクター、プロデューサー。 バラエティ、報道、情報、すべての番組を手がけてきた。