自閉症スペクトラム支援士として麻生太郎財務大臣の「いじめ」に対する認識の間違いを糾す


高橋秀樹[放送作家]

 

TBSのニュース映像によれば麻生太郎財務大臣は6月21日に宇都宮市で行われた自民党の部会で次のように述べた。

「学校で一番いじめられる奴はどんな奴かといえば、けんかは弱い、勉強もできない、しかも貧しい家の子と、三つそろったらまず無視。いじめの対象になりません」

「無視」は「ネグレクト」と呼ばれる明らかないじめである。「無視」は、いじめではないという判断、この認識がまず間違っている。「身体的なもの」「性的なもの」「ネグレクト」は虐待の3要件だが、これはいじめにも通ずるものである。

麻生氏の発言はさらに続く

「しかし、勉強はできない、けんかは弱い、だけど金持ちの子、これが一番やられる」

集団的自衛権を巡るたとえ話の中で語ったものである。何をどうたとえたのか、後半のたとえは日本のことを言っているのか。さっぱりわからないたとえを使うこの人は、日本の副総理である。

 

【あわせて読みたい】