Category : エンタメ・芸能

  • <上から目線の辛口批評>テレビ朝日の『お助け!コントット』

    ダウンタウンの呪縛から逃れ、明石家さんまの文法の外に飛び出す漫才師が増えてきた。大阪マンザイに限っての話である。ただし関西勢は東京の芸能も席巻し…

  • <ものすごく的を射た落語論>頭木弘樹著「落語を聴いてみたけど面白くなかった人へ」

    頭木弘樹著「落語を聴いてみたけど面白くなかった人へ」(ちくま文庫)は、タイトルを見ただけで言いたいことは一目瞭然の本である。予想の通り「実は、落…

  • 韓流ドラマに劣勢な日本のドラマを復活するか?

    韓流ドラマ、NETFLIX「李泰院クラス」「愛の不時着」が絶賛されている。一方、日本のドラマ。最高視聴率を誇るのはTBSの「半沢直樹」だが、高視…

  • <山奥ニートってなんだ?>「『山奥ニート』やってます。」が面白い

    2020年5月に上梓された「『山奥ニート』やってます。」(石井あらた・光文社)が、面白い。著者は熊野古道のそばの山奥にある人口5人、平均年齢80…

  • 上沼恵美子「怪傑えみちゃんねる」終了から見える中居正広の偉大さ

    上沼恵美子がMCの『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ系)が突然の放送終了。筆者は、関西住みだが「え? 上沼さんの番組なんでいきなり終わるん?」「…

  • 漫才師のパタン9分類・ダウンタウンは何型か?

    現在、漫才(コント含むが、コントしかやらないユニットは除く)の一線級にいる人はいくつかのパタンに分類できると考える。年齢の高い人にも分かるように…


  • <専門店からサワーまで>ポスト・タピオカにレモネードが急浮上?

    2019年から始まった第三次ブームのタピオカドリンク。至るところにタピオカスタンドが乱立し、郊外にある中規模な駅でも駅周辺に2、3店舗あることも…

  • 又吉直樹の「棒読み」がすごく気になる貫地谷しほりとのCM

    又吉直樹と女優の貫地谷しほりが夫婦役を演じるヤマダ電機のCMを見るといつも引っかかる。引っかかると言うことはCMとして成功していることだろう。一…

  • <芸能界から英会話まで>コロナ自粛から「ハイジェニック営業」にシフト

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、我々の生活の至る場面で制約と規制が余儀なくされている。政府によって5月25日午前、北海道、埼…


  • <衝撃の本>アスペルガー医師がナチスの協力者だった?

    衝撃的な本が2019年6月に邦訳出版された。『アスペルガー医師とナチス 発達障害の一つの起源 エディス・シェファー (Edith Sheffer…

  • たけしさん、それはカッコ悪いんじゃないですか?

    3月29日(日)の『TVタックル』(テレビ朝日)は「ニッポンの経済大打撃!当事者たちが実情を訴える!新型コロナ危機どう乗り切るSP」であった。内…

  • 岡江久美子さんと『はなまるマーケット』の想い出

    あんなに芸能人らしくない芸能人に出会ったのは初めてでした。岡江久美子さんのことです。あの時の岡江さんは赤坂の本屋にいました。しかし、声を掛けられ…

  • <ポー「赤き死の仮面」>外出自粛中に読みたい178年前の疫病ミステリー

    新型コロナ感染予防の外出自粛要請で、家にばかり居る。映画を見るが、これは見る者にとってはどちらかというと、インプット型のエンターテインメントで、…

  • <五輪も舞台も自粛すべき>エンターテインメントは「不要不急」である

    エンターテインメントは「不要不急」である。この筆者の主張には「そんなのは当たり前だ」という意見と、「人の心に潤いを与えるのだから、必要不可欠だ」…