安倍首相「森友寄附金」には未公表重大証拠がある? – 植草一秀


植草一秀[経済評論家]

***

森友学園の籠池泰典理事長が「この学園の建設には、安倍晋三内閣総理大臣からの、寄付をもらっています」と述べて、国会ですべてを話す決断をしたと表明した。この意思表示を受けて自民党も籠池氏の国会招致を受け入れる考えを表明した。しかも、参考人招致ではなく、証人喚問を行うことになった。

証人喚問は3月23日に実施される。安倍首相は国会答弁で「全く寄付金集めには関わっていないことをはっきりと申し上げたい」と答弁している。

籠池理事長は安倍昭恵氏から、安倍晋三からの寄附として100万円を受け取ったと話している。寄附があったのは2015年9月5日。安倍昭恵氏が塚本幼稚園で講演を行った日である。領収書は発行していないという。領収書は発行してないが、記録に残すために、籠池氏側が森友学園の口座に100万円を振り込んだ振込用紙の控えを保有しているとのことである。

安倍晋三名義での振り込みを検討したが、スタッフからの助言で森友学園の名義での振込みになったと説明している。安倍晋三氏側は、寄附を行った証拠がないと読んで、寄付行為自体を否定する戦術を採用した模様である。

森友学園側が安倍氏に代わって自ら口座に振り込んだ振込用紙での振込記録が存在するようだが、これで安倍晋三氏からの寄附と認定されるのかどうかは微妙である。

筆者は、2月26日に「徹底検証不可欠アベ友事案2015年9月3-5日動静」(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/201593-5-f5a8.html)「「アベ友国有地疑惑」核心に迫る五つの謎」(http://foomii.com/00050)と題する記事を掲載した。

2015年9月3-5日にかけて、森友学園に関する重要な動きが観察されることを指摘した。

9月3日(木)【午後】2時17分から27分、財務省の岡本薫明官房長、迫田英典理財局長。

9月4日(金)【午前】10時21分、官邸発。47分、羽田空港着。11時15分、全日空21便で同空港発。58分、伊丹空港着。

【午後】0時13分、同空港発。39分、大阪市中央区の読売テレビ着。1時30分から2時29分、番組収録。3時3分から45分、情報番組に出演。48分、同所発。4時7分、同市北区の海鮮料理店「かき鉄」着。故冬柴鉄三元国土交通相の次男、大さん、秘書官らと食事。5時5分、同所発。34分、伊丹空港着。6時8分、全日空36便で同空港発。57分、羽田空港着。7時18分、同空港発。43分、自民党本部着。44分から8時7分、谷垣禎一同党幹事長。8分、同党本部発。31分、東京・富ケ谷の私邸着。

そして、9月5日に安倍昭恵氏が塚本幼稚園で講演し、瑞穂の國記念小學院の名誉校長に就任している。国有地払い下げの最終責任者は財務省理財局長である。

当時の理財局長が迫田英典氏である。迫田氏は安倍晋三氏の選挙区出身者である。迫田氏の指示の下で、財務省が森友学園による国有地激安取得や学校設置認可取得に奔走した疑いがある。2015年9月3-5日の安倍首相および安倍昭恵氏の行動が謎を解くカギになると思われる。

安倍首相は「森友学園の寄附金集めにも関わっていないことをはっきりと申し上げたい」と国会答弁しているため、仮に安倍昭恵氏が安倍晋三氏からとの説明を付けて寄附を行っていたなら、安倍首相の国会での答弁は虚偽ということになる。

寄附行為そのものは法令違反には該当しないが、国会における答弁が虚偽であったことになる。真相を明らかにするには、安倍昭恵氏への確認が必要になる。

菅官房長官が、安倍昭恵氏からの寄附もないと答弁しているが、伝聞情報に過ぎず、安倍昭恵氏の参考人招致が必要になる可能性が高い。この点については、籠池氏側が保管しているメールの通信記録がカギを握ることになるだろう。

安倍首相側は、寄附金提供の証拠はないとの読みで、寄付行為自体を否定したが、否定後に寄附があったとの証拠が開示されれば、事実を隠蔽しようとした責任が厳しく問われることになる。

植草一秀の公式ブログ『知られざる真実』はコチラ

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.
植草一秀(うえくさ・かずひで) 1960年、東京生まれ。経済評論家(日本経済論、金融論、経済政策論)。東京大学卒業後、野村総合研究所、大蔵省財政金融研究所研究官、京都大学経済研究所助教授、野村総合研究所主席エコノミスト、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、名古屋商科大学客員教授などを経て、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社代表取締役社長。