「水曜日のダウンタウン」空気階段・鈴木もぐらCM出演権獲得のドッキリ

高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

2021年3月10日(水)放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS)は、ドッキリの新基軸だった。

筆者はドッキリ企画が嫌いである。人間のどす黒い本音の感情を垣間見させてしまうからである、周りにはドッキリ企画に携わる構成作家もスタッフもたくさんいたから、飲んだりすると、「ドッキリに引っ掛けられた芸能人の感じが悪すぎるリアクションは編集で丁寧にカットしてよ」と絡んだものだ。テレビは、時として容易に本質を写してしまう怖いメディアである。

しかし、近年、新しいドッキリが現れている。

例えば、『めちゃ2イケてるッ!』(フジテレビ)は、「ドキュメンタリを装ったコント番組」という番組の性質上、ドッキリ企画が好きなのだが、そのなかで、「予告ドッキリ」という企画は好きだった。寝込みを襲うことを岡村隆史自身が電話で予告、その後、芸人の寝ている部屋にカメラとともに乱入するのだ。どんな形でカメラを迎えるのか、芸人の実力が明らかになる好企画だ。

[参考]<ホンマでっか!?TV>欽ちゃんと明石家さんまはそっくりだ

さて、今回の『水曜日のダウンタウン』のドッキリは以下のような実用新案である。「ホントドッキリ」だ。芸人たちを「日本コカ・コーラ社の『檸檬堂』のCM出演契約である」と言って呼び出す。これはホントの依頼なのだが、芸人たちが現場に赴くと、さまざまに「これはドッキリじゃないか!?」と思えるような、わざとらしい仕掛けが待ち受けている。ホントのCM撮影なのにドッキリだと疑ったら、失格というルール。

この「ホントドッキリ」に引っ掛けられるのは、小峠英二(バイきんぐ)、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)、橋本直(銀シャリ)、鈴木もぐら(空気階段)、おいでやす小田の5人。疑おうとはせずに「ホント」のCM出演権を得るのは誰だろう、という企画である。

『めちゃイケ』の「予告ドッキリ」とは違い、『水ダウ』の「ホントドッキリ」は、疑うという本音を見る企画であり、わざとらしい仕掛けの面白さを笑う企画である。裏返しではあるが、より、元型の「ドッキリ」に近い狙いである。さらに、「芸人がどれくらい擦れているかが、わかる企画になるのではないか」と思って見始めたが、その予感はあたっていた。で最後まで、疑うことを知らなかったのは(あるいは、疑ってもそれを表に出せなかったのは)芸歴の若い空気階段の鈴木もぐらだった。

鈴木もぐらさん、CM出演権獲得おめでとう。

TBS限定だという完成したCMも放送されたが、結局コカ・コーラ側にとっても、キャスティングできたのが、鈴木もぐらで良かったのではないか。本人の人の良さがにじみ出ていて、ドッキリ挑戦者の中で、もぐらが唯一持っている俳優としての感性も感じられる、普通だが、よいCMに仕上がっていた。

おそらく、鈴木もぐらは今後、芸人を経て役者として大成する道をたどるであろう。だが、それはそれで、芸人が好きな筆者には残念なことでもある。

最後にスタジオの感想。VTRにコメントを述べる立場にあったのは、ダウンタウンの2人、アンタッチャブルの山崎弘也と柴田英嗣、渡辺直美、ホラン千秋の6人。極端に短く編集されたスタジオ部分で、有効打の発言は山崎の「ドッキリの生態系が変わりますね」だけだった。

『水曜日のダウンタウン』と名付けられた番組にダウンタウンの松本人志と浜田雅功は、どんな役目で出ているのだろう。おそらく、番組が少々横紙破りの企画をやっても、大御所の冠番組なら、当たりが弱くなるだろうとの目論見からではないか。

 

【あわせて読みたい】