Recent Posts

  • <キングオブコント2015>出場10芸人の評価ポイントをわかりやすく解説

    2015年10月11日に放送されたTBS「キングオブコント2015」。本稿では、出場した各芸人ネタについて寸評してみたい。1.ファーストステージ…

  • <テレビ評論は「天に唾する」行為か?>ナンシー関の没後からテレビはどんどんつまらなくなった

    テレビの作家をやりながら、一方でテレビの評論をやることは「天に唾する行為」である。空に向かって吐きだした唾は、途中で勢いを失って重力に従って落ち…




  • <キングオブコント2015>面白くないネタを競争で煽るだけでは演出の力不足

    2015年10月11日にTBS「キングオブコント2015」が放映された。もう、8回目である。漫才の「M-1」と「THE MANZAI」、ピン芸の…

  • <「テスト企画」に「FNSドリームカバー歌謡祭」…>「めちゃイケ」らしからぬ素人のような問題点が目立った秋のSP

    2015年10月3日に放映されたフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」は秋の改変期の2時間半スペシャルであった。前回の放映が8月29日であるため、…

  • <特殊な「&」は売ってます>「&TOKYO」パクリ認定は早計だが「疑惑の土壌」形成という現実

    10月9日に東京都が発表した海外向けの東京ブランドPRロゴ「&TOKYO」が、海外に存在する既存ロゴと酷似しているという指摘が早速相次いだ。フラ…

  • 「キングオブコント2015」一番の注目は審査委員長・松本人志52歳だった

    TBS「キングオブコント2015」の放送を1週間も前から楽しみにしていた次男に放送開始5分前に、「風呂、入っておきなよ」と声をかけても、返事は「…


  • <批判こそ全体主義?>「一億総活躍社会」批判は現代の多様な価値観に即していない

    「一億総活躍社会」に対する、「意味不明」「具体的ではない」「理解できない」といった批判や論評。主に野党からの政権攻撃の一環として利用されているが…


  • <演出家の役割?>お笑い番組で「ネタ見せ」が必要な理由

    筆者はこれまで30年以上、放送作家としてコントを書いてきたが、いわゆる「ネタ」、漫才やコント、落語、マジックなどを見せる番組を4つのタイプに分け…

  • <「アメトーーク」のテーマフリーはスタッフの手抜き>ベテラン芸人さえもつまらなくする「立ちトーク」は批評さえできない

    2015年10月1日放映のテレビ朝日「アメトーーク」は「立ちトーク」というテーマ。いつものように特定のテーマが決まっているわけではなく、出てきた…

  • <I am a Painter 田中千智展>滞在して絵を描く「横浜市民ギャラリー」で田中千智展

    横浜市民ギャラリーはJR関内駅前に1960年にオープンした公設のギャラリーである。周囲にはまだ横浜美術館もなく、ちょっと離れて日本で最初の美術館…

  • <漫画の実写化の難しさ>実写ドラマ「デスノート」の中途半端さ

    2015年7月クールで毎週日曜日22時30分から放送されていた日本テレビ「日曜ドラマ・デスノート」が9月13日放送分で最終回を迎えた。最近ドラマ…