キンコン西野の「面白い芸人は養成所時代からわかる」が面白い[茂木健一郎]

茂木健一郎[脳科学者]
***
先日、ラジオの収録で、キングコングの西野亮廣さんとお話していて、へえ、と思ったのが、「面白い芸人は養成所時代からわかる」という話だった。そうなのか、と考えてしまった。
西野さんによると、吉本総合芸能学院(NSC)在籍時代から、後に売れる人は目立っていて、面白いなあ、と感じていたのだという。「例外は、ウーマンラッシュアワーの村本で、あいつは売れるまで、あんなのいたっけと気づかなかった」と西野さんはおっしゃっていた。
笑うのはお客さんだし、受けるかどうか、売れるかどうかを最終的に決めるのはお客さんだけれども、その売れるかどうかの判定が、笑いのプロ同士の間で、事前にある程度わかる、という話は、とてもおもしろかった。
【参考】キンコン西野「出版不況なんて嘘っぱち」<新作絵本の予約が2000部に>
笑いは技術なのか、キャラクターなのか、いわゆる「存在感」というやつなのか、ということは難しい問題だ。西野さんの言う、「面白いやつはわかる」というのは、技術よりもキャラクターのことだという気もする。
面白いやつ、存在しているだけで、なんとなく注目されるやつ、というのは確かにどのコミュニティにもいる。NSCは、それぞれの学校で「学校一おもしろい」的なキャラが集まってきて、甲子園で決勝をしているようなものなのだろう。
ちなみに、西野さんは、自分がよく炎上することについて、「世間と折り合いをつけていないからじゃないか」と言っていた。炎上するキャラと、おもしろいキャラは、どこか重なるところがある。
世間との折り合いをつける、つけないの間合いに、その秘密があるような気がする。
 
【あわせて読みたい】