今のテレビは、「情報」を扱わなければ視聴率が取れない。


小笠原英樹[構成作家]執筆記事

 

今のテレビは、「情報」を扱わなければ視聴率が取れない。と制作現場で良く言われます。

  • 「情報」は古くないか?
  • その「情報」はおもしろいのか。

「情報」を上手に扱うことのできるテレビ局はいい感じになっています。わかっているテレビマンは、劇作家・井上ひさしさん(放送作家でもありました)の言葉を皆、肝に銘じています。

  • 「むずかしいことをやさしく。やさしいことをふかく。ふかいことをおもしろく。」

みんなが見るテレビですからこれは大切なことです、私もいつも心がけていますがついつい、深く&おもしろくというところでうまくいきません。

私は放送作家として、テレビを見て「へえ」と思ったことをよくメモしています。当然かもしれませんが、私も含め、テレビマンはテレビをよく見ますので、さまざまなメモが書かれています。

さて、そんな私の最近のメモを見ると、こんなことが書いてあります。

  • 国内のシングルマザー124万人
  • そのうちの8割が年収110万以下
  • 顔を出して取材を受けているのに名前は仮名
  • 保育士の資格をとるための専門学校の3年間の学費は380万円
  • 茨城県の土浦には出産前に施設に入り、共同生活
  • そこで産んだ子をそのまま養子に出すためのNPOがある
  • そのNPOの人はどうやって暮らしを立てているのだろう
  • ジャイアンツ菅野智之投手はアリゾナで自主トレをした
  • MXテレビの『5時に夢中』で板東英二さんが、やっぱりお金は大事というコーナーをやっていた
  • さすがに増毛の話はしなかった

私はこんなことに「へえ〜」と思っていたのかと、「へえぇ」と思ってしまう。テレビの情報はどんどん上書きされていくのだな。

 

【あわせて読みたい】

The following two tabs change content below.

小笠原英樹

小笠原英樹(おがさわら・ひでき)1960年島根県益田市生まれ。明治大学卒業後ADを経て構成作家に。 主な担当番組に『ネプリーグ』『VS嵐』『ケータイ大喜利』など。