Author : 岩崎未都里

  • ベトナム戦争終結40年から戦争の代償を学ぶ「ディン・Q・レ展:明日への記憶」

    今年2015年は様々な節目の年です。日本は戦後70年であり、そしてベトナム戦争終結から40年の節目を迎えます。ベトナム戦争と聞いてどのようなイメ…


  • <ザハ作品の本質を理解しない批判に疑問>安藤忠雄氏は新国立競技場の採用理由を説明できるか?

    ますますヒートアップする新国立競技場を巡る論争。2012年11月に国際デザイン・コンクールが実施され、英国の設計事務所、ザハ・ハディド・アーキテ…

  • <開業51年で死亡事故ゼロ>世界一安全な乗り物「新幹線」を生んだ特攻兵器「桜花」の開発者

    2015年5月のアメリカ・ペンシルバニア州で発生したアムトラック鉄道事故。死者7人、負傷者200人超という大事故となりました。アムトラック鉄道事…

  • <F1レースで使われる「トークン」って何?>シーズン中のエンジン開発がレースの勝敗を握る

    久々のF1参戦のホンダエンジンに開幕戦から苦闘が続き、過去の「マクラーレン・ホンダ16戦15勝」を期待していたファンの皆様は随分ヤキモキされてい…

  • [岩崎未都里]<渡辺謙が「トニー賞・主演男優賞」にノミネート>日本人・渡辺謙が世界トップの俳優となる歴史的瞬間に注目

    2015年6月7日(日本時間8日)、アメリカ演劇界で最も権威があるといわれる「トニー賞」の授賞式がアメリカ・ニューヨークの「ラジオシティ・ミュー…

  • <TBS全面協力「Kol Kimono~きもの秘伝~」>日本のテレビドラマ効果でアジアからの観光客が九州に殺到中?!

    アジアからの訪日観光旅行客の勢いが止まりません。中でもタイ王国は、3年で急激な日本旅行ブームが到来し、韓国・台湾・中国についで訪日ランキング4位…

  • 「ドラゴンボール超」は視聴率絶不調フジテレビの救世主になれるか?

    4月の番組再編以降、各テレビ局の視聴率の行方が見えてきました。中でも「平均視聴率5%台…フジテレビ危険水域」の記事は目に付きます。本当にそうなの…

  • <ただより高いモノは無い>町中で見かける「Tカード」の個人情報だって第三者に渡るんです

    1980年代、若者はみんな持っていた「丸井の赤いカード」。これを使って関東では学生やフリーターの若者が、アパートに家具・家電を買い揃え、新発売の…


  • <上司こそ歩み寄るべき?>「ゆとり世代」こそグローバル社会に通用する逸材世代だ

    男性上司「まあ、上司の小言を聞くのも仕事のうちだから」ゆとり世代部下「いや違いますけど」(と、ゆとり世代部下はビールを注がれるのを拒否。)(4月…

  • <エヴァからゴジラへ>庵野秀明監督が「日本版ゴジラ」で特撮文化への恩返し

    4月1日のエイプリルフール? と思うほど、日本の特撮映画にとって革命的なニュースが舞い込みました。話題になっていた新作「ゴジラ」(2016)です…

  • <山手線デジタルサイネージの視認率75.7%>通勤電車内のデジタルサイネージで朝ドラを観る日も近い?

    筆者はこれまでデジタルサイネージに関して、他国との比較も含めて、いろいろと記事を書いてきました。その理由はデジタルサイネージに強い可能性を感じて…

  • <「特撮愛」は日本独特の文化>「ゴジラ」も「惑星大怪獣ネガドン」も着ぐるみに見えることが重要

    先日、筆者は新宿で突如巨大なゴジラを目の当たりにし、かなり驚かされました。「新宿歌舞伎町で建築中『新宿東宝ビル』屋上に、地上52mに原寸大のゴジ…

  • <2015年のF1を楽しまなきゃ損>アジアの一企業が世界最高峰モータースポーツへ参戦する意義と誇り

    いよいよF1にホンダエンジンが帰ってきます。2月10日、本田技研工業の伊東社長はジェイソン・バトン等と今期F1へ「マクラーレンホンダ」としての参…

  • <拡がり続ける「擬人化」ブーム>ラーメンや自動車までもが美少女キャラに擬人化

    福島県のある「個性的なラーメン店」で2年ほど前から摩訶不思議な現象が起きております。それは、ラーメンを萌え系美少女として擬人化しているのです。そ…