Author : メディアゴン編集部

  • NHK『ブラタモリ』の林田アナがいま大変好ましい理由

    筆者は『ブラタモリ』(NHK)のファンである。林田アナの存在感が大変好ましいと感じる。9月28日(土)の放送は「比叡山の修行~比叡山はなぜ“母な…

  • 立川志らく『グッとラック!』が「表現の不自由展」でスタート、その志は良いが・・・?

    立川志らくが司会を務めるTBSの平日朝の新情報番組『グッとラック!』(月~金曜、午前8時)が9月30日、スタートした。冒頭に愛知県で開催中の国際…

  • 渡辺謙主演NHK『君は天才!~渡辺謙がコメディーに挑戦!~』が悲惨すぎる

    BSではすでに放送済みだったらしいが、筆者はこれをNHK総合テレビで視聴。もちろん「渡辺謙がコメディ」という点に惹かれたからです。・・・と言いた…

  • 本当に大事なのは『在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから』発言の真意。

    この人は吉本興業の社長の任に堪えないのではないか。岡本昭彦社長の会見をほぼ、オンタイムで見た感想である。同じく立場は人を変えてしまうのだなあとの…

  • <変化ないのに?>矢田亜希子の髪型がニュースになっている謎

    テレビ番組の内容を紹介したり、番組内のタレントの発言にツッコミを入れるだけだったり、SNSの投稿を記者会見でもしたかのごとき書き方で掲載する手軽…

  • <優生思想に利用されかねない現実>新型出生前診断の施設拡大と産前産後のケアの重要性

    2012年8月29日、夕刊各紙が「血液でダウン症診断 開始」というニュースを世に伝えた。文中の最後は「3日後には試験的に開始される」と締めくくら…

  • やはりプロレス興行だった大阪ダブル選 -植草一秀

    4月7日に投開票日を迎えた統一地方選第一弾は懸念していた通りの結果になった。注目された北海道知事選、大阪ダブル選、浜松市長選で、安倍内閣が望む結…

  • あまりにお粗末だった新元号「令和」発表の段取り

    新元号が発表されたが全体としてお粗末感を拭えない。新元号は11時半に発表するとされながら、実際に発表されたのは11時40分を回っていた。予期せぬ…

  • ピエール瀧「作品に罪はない」が自粛は必要

    麻薬取締法違反の疑いでのピエール瀧容疑者の逮捕に伴い、所属する「電気グルーヴ」のCDはもとより、様々なコンテンツが配信・公開停止や回収・差し替え…

  • <ブログが消える?>ネット不正による「言論封殺」について -長谷川豊

    今やネット界トップレベルの嫌われ者であり、テレビ業界からもすっかり放逐された私のもとにメディアゴンより寄稿の依頼が来た。テーマは『ネット不正によ…

  • 劇団・大森カンパニー『あじさい』で下北沢劇場双六が「上がり」

    いま一番面白いエンターテインメントは「リアル」だ。大メディア・テレビの番組に今ひとつ面白いものが見当たらず、なにか面白いものはないかと物色してい…

  • <更地ベスト~SAKURA~>大森カンパニーの舞台で体感「劇場が波打つ笑い」

    劇場で波打つ笑いを体験したことがあるだろうか。銀座のヤクルトホールでコント55号の舞台は波打つ笑いに包まれていた。まず客席の前方から笑いが起こる…

  • <「ひきこもり」で迂闊な放送?>精神科医・斎藤環氏が「TVタックル」をBPOに審査要請呼びかけ

    精神科医の斎藤環氏が3月21日に放送されたテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」の内容について、BPO(放送倫理・番組向上機構)に審査要請を出…

  • <問われるNHKトップのあり方>NHK籾井勝人会長に元理事たちが「痛烈な苦言」

    「NHK会長批判やまず」と3月23日付けの朝日新聞が大見出しを掲げて、NHK籾井勝人会長への苦言の内容を報じている。苦言を呈したのはNHK経営委…

  • <「生」で体感する臨場感>舞台女優・及川奈央が語る舞台の魅力

    映画やテレビ、ドラマとは違った魅力を持つ舞台の芝居。熱心なファンでないとなかなか観る機会はないかもしれない。しかし、エンターテイメントが多様化し…